秦野カルチャーセンターと薬膳茶

昨年から講師をさせていただいている、
秦野カルチャーセンターの、『薬膳ノススメ!』の講座で、
毎月、違う薬膳茶を出させていただいている。

012_R_20130321211646.jpg
これは、3月にお出ししたもの。

008_R_20130330175333.jpg
これは、明後日の講座でお出しする予定のもの。

「春は花茶」ともいわれている。

香りのよいものは、巡りをよくするチカラがあるので、
新しい環境などのストレスから、流れが滞りやすい春には、
花のよい香りがピッタリだ。

きれいな見た目からも癒されるしね。

配合にも工夫している。

いつも秦野カルチャーは月の第一週目なので、
3月初めは、まだかなり寒いころ。
立春は2月だけど、まだみんなダウンもきていて「春は名のみの・・・」くらいの時期。

巡りを良くする菊花は入ってるけど、
菊花は、ちょっとからだを冷やす。
他の食材でからだを温めてバランスをとってる。
黒豆を入れているのも、血を補い流すチカラの他、
冬の養生がイマイチだった人に、「冬は黒」の黒豆でフォローもできるように。


4月に出す予定のお茶は、
からだを温める花がふんだんに使われてるけど、
そろそろのぼせ、ほてりなど、春特有の上半身に熱っぽい症状が出やすくなるから、
ちょっと、中国緑茶もブレンドして、余分な熱を下げるようにしている。


・・・んだけど、こころのところ、寒いんだよねぇ~
まぁ、今週から、まただんだんと温かくなるようだから、
春らしい日になることを、楽しみして・・・。

みなさんも、寒さで体調を崩さないように、お過ごしくださいね。


ブログランキングに参加してます。ポチット一押しお願いします。


にほんブログ村 健康ブログ 食育・食生活へ 

秦野カルチャセンターの「薬膳ノススメ!」は、
毎月第一火曜日午後1:00~2:30です。

季節の薬膳茶に加え、薬膳スイーツもお出ししております。
4月からは、3回にわたって、「夏の薬膳」のお話をしていきます。

「もう夏?」と思われるかもしれませんが、5月の初めには、もう立夏です。
薬膳は、食べ物を使っているので、食べてすぐ効くということは少ないです。
(すぐ効くものも、もちろありますが・・・)
なので、少し早めに季節を先取りしていくのも養生の1つです。

今、悩まされている人が多い、花粉症。
実は、夏の過ごし方で、来年の花粉症の症状が軽くなるかも!?って知ってました??

改善するなら夏です!!!
4月からの3回で、ばっちり夏の養生を学びませんか?

体験も随時、お受けしておりますよ。

お問い合わせ&お申し込みはコチラです
秦野カルチャーセンター(小田急線秦野駅 目の前)
0463-80-4411


ブログランキングに参加してます。ポチット一押しお願いします。


にほんブログ村 健康ブログ 食育・食生活へ



スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

のりたま

Author:のりたま
国際中医師・国際中医薬膳師ののりたまです。

中学生で、母の味には手厳しい娘と、繊細で好き嫌いの多い小学生の息子をもつ母です。

なぜか、医療費がかさむ、我が家の財政改革するため、薬膳の勉強を始め、4年前に国際薬膳師となりました。

もっと、体質や症状に合わせた薬膳が作れるように・・・と2010年、国際中医師となりました。

2011年秋、国立北京中医薬大学日本校中医中薬専攻科を卒業し、もう一度、薬膳の勉強を・・・と、2012年より北京中医薬大の薬膳研究科で勉強しております。



「薬膳って、食材も手に入りにくそうだし、薬くさくて毎日の食事に取り入れにくそう」そういうイメージがありませんか??


いえいえ、冷蔵庫の中身で簡単にできちゃうんです!
食材のチカラをつかえば、インスタントでも大丈夫!


主婦の立場から、「労力も食費もかからず、元気になる」をモットーに、無理なく毎日続けられるごはんを考えてます。

コメントなどお気軽にどうぞ!!まだまだ修行中ののりたまですが、一緒に考えていきましょう。


アダルト系・宗教系のコメントは削除させていただきます。

掲載して頂いているサイト
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
好きなテーマを選んでください!
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
ブログ内検索
リンク
のりたまへのメールはこちらから♪
ご意見・ご質問・コラムや仕事の依頼などありましたら、お気軽にどうぞ! まだまだ修行中ですが、一緒に考えさせてください。

名前:
メール:
件名:
本文: