大学と子どもとワタシ

『おうち食医養成講座 ~薬膳初級編~』@海老名のご案内。

「イベント的な薬膳講座も楽しいけど、もっとしっかり薬膳を学びたい!」
そんなリクエストにお答えして、この春から連続ものの薬膳講座をします。

お陰さまで、南林間pulemanaサロン 教室は、既に満席となりましたが、
海老名教室は、まだ空きがございます。
ご興味のある方は、ぜひ、この『学びの春』にどうぞ~ (なぜ、学びの春?はコチラ)

おうち食医養成講座のご案内、詳しくは、コチラです

今週から、いよいよ講座スタートです。
連続講座になるので、次回の開催は、来年4月となります。

直前まで、募集してます!
お申込み&お問い合わせ、お待ちしておりますね。


ブログランキングに参加してます。ポチット一押しお願いします。


にほんブログ村 健康ブログ 食育・食生活へ 

土曜日に、ちょっと嬉しいことがあったので。

ワタシは、薬膳や中医学の大学へ行き始めたのは、
上の子が小学校5年生、下の子が小学校1年生の時だった。

それまでは、定期的に土日に大学へ出かけることは難しかったので、
通信教育の薬膳の教材をとっていた。

大学へ行き始めたころは、
朝食、昼食、時には夕食と、
いったい朝から何食分作るのかと思うくらい作ってた。

どれが朝食か、昼食か分かるように、書きおきしたりしてね 笑

当然、ワタシが朝起きるのは、出かける2~3時間前。
自分の支度だけして、会社へ行けばよかった独身の頃は、
出かける1時間前に起きれば十分だったのにね。

あれから、ワタシは国際中医薬膳師になり、中医師になり、
大学を卒業し、現在は、薬膳臨床研究科に通い出して2年目になる。

子どもたちも、上は春から高校生になり、下は小6になった。

朝もパンを用意すれば、あとは適当に用意し食べてくれるし、
昼食は、息子が姉の分を作ってくれる。

002_R_20130414204838.jpg
ちなみに我が家は、息子が作って、姉が写真をとって母へ送る。
これは、昨日、息子が作ったラーメン。

そして、なんと!昨日は、起きてから1時間もたたずに、家を出ることができた。
独身の頃と同じだ

その事実に、びっくりして、感動をしていた。

本当にワタクシ事だけど・・・。

ワタシの講座にも時々、小さいお子さんがいて、それでも勉強をしているという人がきて下さる。

子どもが小さい時は、家を出るのも大変で、仕事なら仕方ないけど、
それが勉強だと、「好きでしているのだから・・・」と家族の理解も難しかったりする。

その代わりに、できるだけ家庭には迷惑をかけないようにしようと、
家事をちゃんとこなして、家をでなくてはいけなかったりしてね。

「好きでしている」勉強も、時々くじけそうにもなったりする。

でもね、子どもはちゃんと成長するから、
それも、そんなに時間はかからないから。

休み時間ごとに家へ電話してたこともあったけど、
今では、お昼に来る写メだけで、安全確認ができてそれでO.K.!

子どもたちに、心配で「気」と「血」を使わなくてよくなった分、
今度は、自分に「気」と「血」をまわせて、
しっかり、パワーアップして、勉強もにも頭をまわせるようになるから。

だから、くじけないで、ぼちぼちやっていってほしいな・・・と思います。



ブログランキングに参加してます。ポチット一押しお願いします。


にほんブログ村 健康ブログ 食育・食生活へ 


品川駅でのAll Aboutさんの「じぶん学校」での薬膳朝活。
薬膳コンシェルジュ協会でお世話になる、杏仁美友先生と
かわりばんこで、講師をさせていただきます。

朝7:30からの開催だけど、
これも子どもが大きくなったからできること。
ありがたいです~

詳しくは、All AboutさまのHPよりコチラです。


ブログランキングに参加してます。ポチット一押しお願いします。


にほんブログ村 健康ブログ 食育・食生活へ 






スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

パワーをいただきました(*^_^*)

はじめまして。
いつも楽しみに読ませていただいております(*^_^*)
仕事と自分の勉強&育児家事…
なかなかうまく回せず、また年齢的な体力精神力の問題で
へこむこともありますが…。
読ませていただいて、パワーをいただきました(*^_^*)
自分に「気」と「血」をまわせるような余裕ができるまで、
もう少しかな…。
今後もご活躍ください♪

No title

スケッチブックさん
はじめまして。
いつも読んでいただいてるなんて、ありがとうございます!

ワタシもずーーっと、悩んでましたよ。
勉強はしたくてやってるけど、家事も育児もあるし、自分の頭は衰えるしで、「どうしてこんなに覚えられないんだろう~v-406」って 笑

でも、子どもが小学校の低学年までは、どうしても心配などで「気血」が消耗しやすくなっちゃうので、暗記などはできる訳がなかったんですよね~笑(と、いいわけしてみる 爆)

スケッチブックさんも、もう少しですよ~。
実は勝手ですが、子どもの成長が嬉しくもあり、さびしくもあったりするので、今も大変ですが、大事にしてくださいね~。

スケッチブックさんのご活躍も、応援しておりますね!

フフフ♪

私はのりたまさんのところでお勉強してるだけで、あまりお子さんたちのことを知る機会がないじゃないですか。
逆に私は子ども中心のブログ(休んでるけど)で、のりたまさんに直接いろいろと相談したこともあるし、去年の夏には実際お会いすることもできたし・・・で、いつも言ってくださる「親戚のおばちゃんみたいな」コメントをいただいてて(笑)
もちろん、のりたまさんと最愛の彼(笑)の関係とか、彼の作ったスイーツ類とか、受験のときのお嬢さんへのプレゼントとか、写真にダメ出しとか、干ししいたけオタク発言とか、こまごました情報は入ってきてるわけですが。
なんか今回の記事で、一気に二人のお子さんたちの成長を感じ取ることが出来ました!そして、私もなんか希望が出てきたかも~?(笑)
もちろんうちはまだのりたまさんが勉強を始めた頃の年齢にすら達してないし、こちらは遊びに行くのも習い事も小学生の間は親がついていくのが当たり前だし、下の子には別の問題もあるから手のかかる期間は必然的に長くなると思うんですが、それでもやっぱり成長していくんですよね・・・
そうか、そうか!ってことは、今の私が物忘れが激しいのもしかたがないってことか!←ちょっと違う?(笑)
なんかちょっと、自分がやりたいことは何か、見つめなおしてみようかな?って気になってきました。いつもだけれど、ありがとうございました!

No title

ピントさん
多分、昔のブログよりも、子どものことって書かなくなったでしょ?
子どもたちも、成長とともに、難しいお年頃になるし、
娘の友だちが、このブログを読んでてくれることもあるので、あんまり悪口?も書けないですからね~笑

でもね、今回のことは、書かなきゃいけない!と思って。
ピントさんもそうだけど、小さい子がいるママで、育児や家事の合間に、いろんなことを吸収したり、学んだりする人って多いじゃないですか?

でもね、日本だと、なかなかママ自身が勉強することって難しいですよね。
「仕事でもないのに、勝手なことやってる」とか思われることも多いし。
だから、そんなママを応援したいと思ったんですよ~。

そうそう!ピントさんは、もともと血も少ないけど、お子さんも小さいから、まだまだ消耗も大きい時。
勉強しているママも素敵だけど、元気なママが一番素敵だと思うので、体調を崩さないようにするのが一番ですから~ぼちぼちで。

あっとい間に、子どもは成長しちゃうから、今のとーーーっても可愛い時も大切にしてくださいね!
プロフィール

のりたま

Author:のりたま
国際中医師・国際中医薬膳師ののりたまです。

中学生で、母の味には手厳しい娘と、繊細で好き嫌いの多い小学生の息子をもつ母です。

なぜか、医療費がかさむ、我が家の財政改革するため、薬膳の勉強を始め、4年前に国際薬膳師となりました。

もっと、体質や症状に合わせた薬膳が作れるように・・・と2010年、国際中医師となりました。

2011年秋、国立北京中医薬大学日本校中医中薬専攻科を卒業し、もう一度、薬膳の勉強を・・・と、2012年より北京中医薬大の薬膳研究科で勉強しております。



「薬膳って、食材も手に入りにくそうだし、薬くさくて毎日の食事に取り入れにくそう」そういうイメージがありませんか??


いえいえ、冷蔵庫の中身で簡単にできちゃうんです!
食材のチカラをつかえば、インスタントでも大丈夫!


主婦の立場から、「労力も食費もかからず、元気になる」をモットーに、無理なく毎日続けられるごはんを考えてます。

コメントなどお気軽にどうぞ!!まだまだ修行中ののりたまですが、一緒に考えていきましょう。


アダルト系・宗教系のコメントは削除させていただきます。

掲載して頂いているサイト
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
好きなテーマを選んでください!
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
ブログ内検索
リンク
のりたまへのメールはこちらから♪
ご意見・ご質問・コラムや仕事の依頼などありましたら、お気軽にどうぞ! まだまだ修行中ですが、一緒に考えさせてください。

名前:
メール:
件名:
本文: