「除湿」食材と、子どもにもできる「除湿」カレー

昨日湿」邪のことを書きましたが、


本格的な梅雨になる前に、除湿の方法を書きます。


体に、余分な湿がたまったらどうしたらいいと思いますか?


 一番最初に思いつくのは、おしっことして体から出すこと


これには、体の余分な水分を出してくれるチカラのあるコチラ

ハトムギ ・ 豆類 ・ きゅうり、冬瓜、スイカなどの瓜類 ・ なす ・ アスパラ ・ とうもろこし
サツマイモ ・ ハマグリ ・ アサリ ・ ホタテ ・ 昆布、ワカメなどの海藻類など




 次に思いつくのが、汗として体から出すこと


これには、汗をかきやすくするチカラのあるコチラ

ネギ ・ 生姜 ・ 紫蘇 など

これらの食材は、汗を出すのに、大きくかかわるといわれているにもいいものです。




 そして、体内の水を動かす働きのある」を流すこと


これには、以前も書きましたが、こんな食材

セロリ ・ 紫蘇 ・ ハーブ類 ・ いい香りのお茶 ・ 柑橘類 など




 そして、五臓のなかで、一番「湿を嫌がるのは臓」です。
  「湿」で弱った「臓」を、正常にするチカラのあるもの。

中医学での「臓」は、胃ともつながり、食べ物の消化と栄養物質の吸収をするところです。
薬膳は、食べなくては始まらないので、とても大切な臓器です。

梅雨になると、食欲が落ちるのは、臓が「湿」邪にやられているからなのです


なので、「臓」のチカラをとりもどす、こんな食材

ハトムギ ・ とうもろこし ・ 豆類 ・ イモ類 ・ ネギ ・ きゅうり ・ トマト 
人参 ・ ハム など


そして、落ちた食欲をとりもどすために、こんな食材

香りのいいもの ・ 香辛料を使ったもの など


 
つらつらと書きましたが、
毎日飲むお茶をハトムギ茶にかえてみる。 それだけでもO.K.です
簡単に、取り入れやすいものから始めましょう!


例えば 先日の我が家の食卓

DSC01635.jpg

カレーだぁ!


このカレーは、子ども達がつくったもの。
野菜の不ぞろいはご愛嬌


実は、今月、5年生は学校のキャンプがあり、そこでカレーを作るそうです。
先日、キャンプの説明会で、先生から「お家でカレーの練習をしておいてね」と。
昨年は、野菜を炒めている段階で、ルゥを入れてしまった班もあったとか

包丁を持ったことも、お料理も満足にしてない子たちには、
練習なくしては、「愛エプ」状態になってしまうのでは?


そこで、娘に「カレーの練習しない?」と誘ったら、
「みんな練習してくるんだから、わざわざ私がする必要はない!」・・・と


確かに、娘は幼稚園の頃から包丁を使っているし、毎年、卒園生キャンプでもカレーを作ってる。イマサラ・・・という持ちはわかるけどぉ。

「あなたは班長なんだから、一応流れを知っておいた方がいい」
と、無理やり誘い出し、作らせたもの。


キャンプの練習だから、あえて、夏野菜などは使わずに、定番どおりのものに。


でも、各種の豆やコーンを入れて除湿します。

他にも、カレーには、
臓」にいい、人参・じゃがいも
」を流す、玉ネギ
もちろん、香辛料もいっぱいで、食欲アップ!


 子どもにもできる 除湿メニュー 


そして、飲み物はもちろん、ハトムギ茶!
もちろん、夏野菜カレーにすれば、もっと


こんなんでもいいんですよ~。
毎日続けることに意味があるんですから














 

ブログランキングに参加してます。ポチット一押しお願いします。 にほんブログ村 健康ブログ 食育・食生活へ
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

こんにちは。
あ~嬉しい!
いつも食べている物も入っています。
これからも努めて食べていけば除湿できますね^^。
あとはお茶をはと麦茶にしてみます。

ハトムギ茶、手軽でいいですね!
どうも最近、むくみが気になっていたんです。
お茶を利尿作用のあるハトムギ茶に変えてみようかな。
今日もいい事おしえてもらっちゃいました♪
ありがとうございます。

食育、とっても大事ですね♪

カレーもいいんですね!!挙げられた食材。。。意識して食べたいです。。。

はと麦茶は、毎日飲んでます!!やった~~笑。

応援ポチ!!

のりたまさん、こんにちは!
はとむぎ茶、なろほど~ですね!
これにびわがデザートだと完璧でしょうか??
はとむぎ茶から試してみようかな~
びわは、夫の実家からこないか、様子みてます(笑)

のりたまさん、おはようございます。
ハムが脾臓の力を取り戻す食材とは
驚きました。
豚肉じゃなく、ハム、、
ここにも何かありそうですね。
はむなら手軽に食べる事ができそう。(^^ゞ

のりたまさん、こんにちは!
『除湿』する食べ物・・・非常に勉強になりました。
食事によって気の流れを良くし、体内から不要な『湿』を出す。
これは、夏本番を前に心掛けて行きたいですね!『ハトムギ茶』を添えてv-426

v-535 みなさん、嬉しいコメントありがとうございました。


sakura108さん
そうなんですよぉ!特にかわった食材を・・・というわけではないんですv-290
手近な食材で、毎日続けることに意味があるんです。
後は、「湿」が原因で咳が出る人などは、一緒に咳止めの食材などをとるといいのです。
よかったら、過去の「咳止めごはん」の記事などを参考になさってくださいねv-392
ワタシも記事にできるように頑張ります!



comichikoさん
お茶は利尿効果が高いのですが、ハトムギは、脾・胃にもいいし、除湿効果も優れていて、生薬にもなってますv-290
煎ったハトムギをつかうハトムギ茶より、ハトムギをそのままご飯などに入れて炊くといいといわれてます。
近々、記事にしますので、また遊びにきてくださいねv-392



まーすぃさん
ハトムギ茶を常飲しているとは、さすがですね~v-353
って、アメリカにも梅雨はあるんですか~?
でも、天気が悪い日で、体がむくみがちでだるいなんて日には、「除湿ごはん」つかえますので、よかったらぜひ!v-392



れこっぺさん
ハトムギ茶で、体の余分な「湿」を出し、「湿」からくる咳には、びわ!・・・完璧ですv-392
(ただし、びわはお高いので、我が家では常食できないのが、残念っv-393
びわ、届くといいですね(笑)




Fuwari Funwari さん
そうですねぇ、、豚肉も脾臓・胃にもいいのですが、ハムは「脾」が疲れて食欲がない時にもいいそうです。体に必要な水や血も作ってくれるので、これから夏場にかけてもいい食材ですよねv-426
豚肉とハムの違いは?・・・そうですね、考えてもみませんでしたv-393ハムならお手軽でいいですよねv-290



柏詩春来さん
お忙しい中、遊びにきてくださり、ありがとうございました。
季節の変わり目ですが、体調はいかがですか?
ハトムギは、そのままご飯に混ぜて炊いたり、お料理にいれた方が効果的といいますが、ハトムギ茶は手軽でとりやすいですよね!
毎日続けるには、簡単が一番ですv-392

カレーにハトムギ茶か~、なるほど!

娘ちゃんが作ったカレー、お豆とお野菜がたくさん入っててとっても美味しそうですね♪
幼稚園の頃から包丁持ってるなんて、さすがです~^^

yumineeさん
コメントありがとうございました!
家の子ども達の通っていた幼稚園は、年少の頃から、包丁を持って料理をさせるんです。もちろん、先生からは、「怪我をするかもしれませんが、よろしくお願いします」と言われてます。
ちなみに、のこぎりやトンカチの作業も年少から!
道具を使うと怪我をすることもあるけど、気をつけて使うということを、身をもってわからせるためだそうです。
もちろん、監督である先生は、大変ですが、ありがたいです。
・・・ということで、小5の今では、お料理上手の娘になっているはずだったのですが、できるようなると手伝わなくなり、こんなカレーです(笑)
カレーだと、いろんな豆も食べてくれるので、助かります!
これからの暑い時期、体の熱をとる、「緑豆」を入れたカレーもオススメですよ~v-218

こんにちは
湿は身体の中にたまるのですね。
わたしはお酒もたんまり飲みますが、
お水も一日2リットル以上飲みます。
そして汗っかきなので、この季節食事をしているだけでも汗が噴き出てきます(^^;
これって、湿を出しているのですか?

そうですよね!続けることが大事ですね。
娘さん、幼稚園の頃から包丁にぎっているとは^^将来が楽しみですね。
除湿カレー今度作ってみようかな。

チャースケさん
水分の代謝がいいんですね。むくみとは、無縁ですか?
実は、この先記事にしようと思っていたのですが、汗の出る季節には、体に必要な水を作り出すものをとった方がいいんです。
豆腐やトマト、リンゴ、びわ、ハムなんかがいいです。必要な水をつくりつつ、汗のかきすぎを防ぐには、梅(梅干も)やレモンがいいです。
お試しを!v-392



Potonさん
いえいえ、娘は、中身が男ですから・・・料理もあまり好きじゃないんですv-393
むしろ、小1の息子の方が料理好き。繊細だし、こっちのが料理上手になるかなぁと。
こんなカレーでもO.K.なので、ぜひ作ってみてください!v-392
プロフィール

のりたま

Author:のりたま
国際中医師・国際中医薬膳師ののりたまです。

中学生で、母の味には手厳しい娘と、繊細で好き嫌いの多い小学生の息子をもつ母です。

なぜか、医療費がかさむ、我が家の財政改革するため、薬膳の勉強を始め、4年前に国際薬膳師となりました。

もっと、体質や症状に合わせた薬膳が作れるように・・・と2010年、国際中医師となりました。

2011年秋、国立北京中医薬大学日本校中医中薬専攻科を卒業し、もう一度、薬膳の勉強を・・・と、2012年より北京中医薬大の薬膳研究科で勉強しております。



「薬膳って、食材も手に入りにくそうだし、薬くさくて毎日の食事に取り入れにくそう」そういうイメージがありませんか??


いえいえ、冷蔵庫の中身で簡単にできちゃうんです!
食材のチカラをつかえば、インスタントでも大丈夫!


主婦の立場から、「労力も食費もかからず、元気になる」をモットーに、無理なく毎日続けられるごはんを考えてます。

コメントなどお気軽にどうぞ!!まだまだ修行中ののりたまですが、一緒に考えていきましょう。


アダルト系・宗教系のコメントは削除させていただきます。

掲載して頂いているサイト
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
好きなテーマを選んでください!
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
ブログ内検索
リンク
のりたまへのメールはこちらから♪
ご意見・ご質問・コラムや仕事の依頼などありましたら、お気軽にどうぞ! まだまだ修行中ですが、一緒に考えさせてください。

名前:
メール:
件名:
本文: