薬膳カレー調理実習@じぶん学校

先週の土曜日のこと、
薬膳コンシェルジュ協会でお世話なになる杏仁美友さんと、かわりばんこに講師をつとめた、
All Aboutさん主催のじぶん学校の、薬膳入門の調理実習が行われた。
024 (2)_R


最初の授業では、だいたいの体質別のグループに分かれていただき、
薬膳の講義を聞いていただいた後で、グループワークで食材を決めていただき、
最後に薬膳カレー実習をしていただくという流れ。

講義は、7:30~8:30、品川で朝活でしたが、
さすがに実習は夜からスタート!

講義の時間も1時間と短く、内容はとても濃い~。
あまりあれやこれやと話してしまっても、受講者さんが混乱してしまうかも・・・と、
何度も、時間内で分かりやすく伝えられるように練習しました。

グループワークもあるから、実質30分くらいの講義。
噛んでるひまもないんです 笑


最終日の実習も、ご飯を炊くことから、1時間以内で仕上げねばならず、
ドキドキでした~。

でもね、ふたを開けてみると、みなさんさすがです!!
023_R_20130702210032.jpg
写真は相変わらず下手だけど、全部並べると圧巻でしょう?笑
基本となるレシピはほぼ一緒なのですが、食材のチョイスでこんなに違ったものになるんです。

020_R_20130702205917.jpg
このグループは、シーフード。
色とりどりできれいだし、薬膳五色(青・赤・黄・白・黒)もばっちり!
手作りのカボチャの種や、チャツネもはいってて、「気」も込められてます~

019 (3)_R
このグループは、スパイスもばっちり!
舌触りもなめらかでプロっぽかった~
タンドリーチキンや、セロリのピクルス、チャイもあり、素敵でした~

018 (4)_R
このグループは、女子力アップカレーとでもいいましょうか?
血を補い、流す食材がたくさん!

ワタシが、講義中に、
「血を流すには、ちゃんと血を補わないとだめ!血を補うには赤いものと黒いもの」
・・・って、短い時間での講義をちゃんと聞いていてくれました~
カレーに黒豆、合います~

021_R.jpg
こちらは、好き嫌いがあって、限られた食材しか使えなかったけど、
それでも、ちゃんと、除湿の食材がたくさん!
この時期のカレーには、除湿の豆入りもいいですよね~

ラッシーつきで、嬉しかった!

022 (3)_R
こちらのカレーも彩りがきれい!!
盛り付けも凝ってますよね~
熱心に講義中にたくさん質問をしてくれたグループ
ご飯にも蓮の実やらゴマやら、いろんなものが入れてくれました~

他にもデザートや温野菜サラダもついてました。
「生よりも、お腹が冷えてるこの時期は温野菜。」
ってことも、よく聞いててくれて嬉しかった~

みなさん、1時間でこんなに素晴らしいカレーを!すごすぎます~
感動しちゃいました。

短い抗議の時間だったから、混乱して薬膳のこと嫌いになっちゃうかも・・・と不安もあったけど、
気をつけることは気をつけくれて、ちゃんと伝わってたんだな~と、一安心。

実習の後も、薬膳に興味を持ってくれた方もたくさんいて、本当にうれしかったです。

品川で講師は、7時前に集合。
だから、朝は4時起きだったけど、それでもやってよかった~

いい経験をさせてくれた、All Aboutさん、杏仁美友さんに大感謝です。
ありがとうございました。


ブログランキングに参加してます。ポチット一押しお願いします。


にほんブログ村 健康ブログ 食育・食生活へ 









スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

のりたまさん こんにちは。
過去の記事をいろいろ見ていたら、土用だっていうことに気が付きました。黒いものをとるといいんですよね。なるべく黒い食材を使うように心がけます。

10日の朝から、いよいよイスラームの断食が始まります。先日、断食には欠かせないデーツ(ナツメヤシ)を大量に買い込みました。これとやはり大量買いした寧夏産のクコとあわせて、黒砂糖入りのサワー漬けにしようと思ってます。
赤のクコと黒砂糖で、ちゃんと血を補って流れるんですかねー。
また、薬膳から見た場合、酢の効能ってどうなんでしょう?

No title

ichimai さん
コメント、ありがとうございます。

土用は、立秋の18日前からなので、7月20日くらいからだと思いますよ~。

そして、土用の色は、黄色です。
トウモロコシや、カボチャなどの黄色いものがオススメ。
他にも、豆類、イモ類、穀類もオススメです。
あと、陳皮もね。

黒は、冬の色なので、もしかしたら冬の土用の時に、一緒に黒いものをご紹介していたのかも~

ばっちりですよ~!
酢も黒糖も血を流すチカラがあります。
クコやナツメで補ったものを体に流してあげる~素敵な組み合わせじゃないですかv-353

熱い季節(熱いですよね?)の断食、気をつけてくださいね~

No title

ichimaiさん
コメント、ありがとうございます。
前記事を確認しました。

言葉足らずだったために、誤解を招いてしまったようですが、
中医学の大事な理論のうちの1つ五行理論では、
五臓とそれぞれに入る(全部ではないですが、入るものが多いという表現でしょうか)色があります。

それは、
肝ー青ー春
心―赤ー夏
脾―黄ー土用
肺ー白ー秋
腎―黒ー冬
です。

その色のものは、ほどよくとればその臓器にはいり、働きかけるといわれています。

例えば、冬は特に腎を補った方がよく、そのためには黒いものをとろうということです。

本来、土用の季節では、黄色のものを積極的にとったほうがよいのです。

でも、五行には、それぞれを生み出す関係、制御するかんけいなどがありあります。

それで見ると、
土用が属する脾が制御(いじめる)するのは、腎になります。
そうすると、いじめられる腎を元気にすることで、いじめる方向よりも、生み出す方向に多く向かい、結果として生み出される次の季節を元気に過ごせるという考えです。

ですから、土用は黄色ものをベースに、黒いものをほどとりましょう!ということです。
ただし、ここでも過ぎたるは及ばざるがごとしなので、黄色も黒もほどよくです~

そしてご質問のマンゴーですが、のどの渇きをいやしたり、からだに必要な水をうみだしてくれたりと、夏にピッタリのフルーツです。
台湾マンゴー、なんとも食べ応えがありそうですね!v-353
でも、おいしいからって、食べすぎにはご注意くださいね~笑

プロフィール

のりたま

Author:のりたま
国際中医師・国際中医薬膳師ののりたまです。

中学生で、母の味には手厳しい娘と、繊細で好き嫌いの多い小学生の息子をもつ母です。

なぜか、医療費がかさむ、我が家の財政改革するため、薬膳の勉強を始め、4年前に国際薬膳師となりました。

もっと、体質や症状に合わせた薬膳が作れるように・・・と2010年、国際中医師となりました。

2011年秋、国立北京中医薬大学日本校中医中薬専攻科を卒業し、もう一度、薬膳の勉強を・・・と、2012年より北京中医薬大の薬膳研究科で勉強しております。



「薬膳って、食材も手に入りにくそうだし、薬くさくて毎日の食事に取り入れにくそう」そういうイメージがありませんか??


いえいえ、冷蔵庫の中身で簡単にできちゃうんです!
食材のチカラをつかえば、インスタントでも大丈夫!


主婦の立場から、「労力も食費もかからず、元気になる」をモットーに、無理なく毎日続けられるごはんを考えてます。

コメントなどお気軽にどうぞ!!まだまだ修行中ののりたまですが、一緒に考えていきましょう。


アダルト系・宗教系のコメントは削除させていただきます。

掲載して頂いているサイト
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
好きなテーマを選んでください!
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
ブログ内検索
リンク
のりたまへのメールはこちらから♪
ご意見・ご質問・コラムや仕事の依頼などありましたら、お気軽にどうぞ! まだまだ修行中ですが、一緒に考えさせてください。

名前:
メール:
件名:
本文: