猛暑の時の飲みもの

神奈川では、梅雨明けしてから、猛暑日が続いてます。

イッキに暑くなったようで、からだがついていかない人も多いのではないでしょうか?

ここ何年か、夏は猛暑ですが、
実は、ワタシ自身はあまり暑さを感じないのです。

家で一人でいるときは、冷房も付けなくても大丈夫だし、
夜もそんなに寝苦しくない。

「夏の薬膳をばっちりなんでしょう?」と思われるかもしれませんが、
我が家のキッチンは引っ込んだところにあり、
湿も熱もこもりやすくなるから、あまり手の込んだものも作りません(←いつもか 笑)
胆石もちのワタシは、胆石のもととなる湿熱をためないほうがいいですから~(←といいわけか 笑)


実は、ここ何年も、週に1,2度の冷たいビール以外は、
冷たいものをほとんど飲まないようにしてる。

「この猛暑に、とうとう頭までやられたか?」と思うなかれ!!
実は、冷たいものは、のどごしは冷たくて気持ちいいけど、
それを胃腸が吸収するときに、熱が起きる⇒余計暑くなる。

そして、汗で失ったり、熱中症にならないようにする水分は、
早く体内に吸収できるものでないといけない。
常温以上の水は、吸収も早いのです。

しかも、冷たいものは、胃腸に負担をかけるので、
からだを冷やす水になるどころか、余分な湿気として発生してしまう。
その湿は、からだの余分な熱を冷ますどころか、
秋の止まらない咳や、花粉症やアレルギー症状のもとになったりする。
夏太りや水太りしやすい人も、その湿のせいだったりする。

湿気は、水だから重いんですよ~

わが娘が、花粉症もぜんそくも治った最大の勝因は、
「冷たいものを飲まなくなったから」と本人も言っていた。


ぜんそくや、花粉症などのアレルギー体質を、本気で改善したい人は、
ぜひこの夏、冷たいものの取り方に注意してくださいね。

それでも、暑い中で仕事をしている人など、
「そんなこと言われても、常温以上のものは喉をとおらない」
という人もいるでしょう。

そんな方は、いつもよりも少しだけ、冷たいものを控えるようにしてくださいね。
冷たいものをイッキのみなのを、ゆっくり飲むように工夫したり、

もしくは、夕飯などに、温かい汁物を飲むように心がけてくださいね。
それも、他のお料理より早く、一番初めに。


そしてワタシは、暑くなると飲むお茶。
008 (5)_R
今月の「おうち食医養成講座」の薬膳茶でもある、蓮心緑茶。

この蓮の実の心である蓮心は、からだの余分な熱を取ってくれる。
でも、すごーーーく苦いから、つまんで5本くらい入れてちょうどいい。

この蓮心を、やはりからだの余分な熱を取る緑茶と組み合わせて、
さらに、からだの余分な熱をとる、金蓮花をうかべて。


このお茶を飲むと、暑いけど、からだの熱がすーーと引いていく感じ。
なんとも不思議でしょう?


こんな風に、猛暑でも、温かいお茶で「涼」をとる、不思議な?薬膳茶を
体感してみたい方、

タイムリーなイベントがあります。

開催日:7月20日(土)
会場:新宿駅近くのアトリエミルフレール
http://ameblo.jp/s-c-b/entry-11281056538.html
定員:各8名
持ち物:筆記用具など
支払い:当日持参ください。
当日の流れ:受付開始:各回の10分前に会場します。
そのほか:どの講座を選ぶかは、あなた次第!
 

1)8時半~9時半
★手のひら使って肩こりなどを解消してみよう。
チタン入りのテーピングなどを使って、ちょっとした手のひら体験を
して頂きます。手とからだの相応療法を学びましょう。
@2500



2)10時~11時半
★自分にあう薬膳茶をつくろう。試飲付
湿度の高い季節は、身体に水分がたまりやすく、また
暑い季節は熱がこもりやすいですね。そういった季節の
特徴や自分の体質にあった薬膳茶を作ってみましょう。
@3500


11時半~13時
★ヘルシー弁当ランチ会
@1500円
希望の方は3日前までに連絡くださいね。



3)13時15分~14時45分
★手のひらdeお灸比較体験。5種類の温度差を体験してみよう。
手のひらのみを使ったお灸体験です。私がみなさんの手のひらの
つぼをお伝えしますので、ご自身でお灸をおいて体験してくださいね。
@3500



4)15時~16時半
★気学:開運セミナー。米粉スイーツ付
2013年8月は、旅であなたの大開運ができるビッグチャンス!
運気UPを図る方向にでかける夏の準備をしてみましょう。
注意事項:事前に生年月日を教えてください。
また気学手帳をお持ちの方がいましたら、持参くださいね。
@6000


ワタシは、2の薬膳茶を担当いたします。
1つのみの受講もO.K.だし、いくつか連続での受講ももちろんO.K.

お申込み&お問い合わせは、こちらのブログから
http://ameblo.jp/55okiraku/entry-11567966495.html

薬膳茶の、お申込み&お問い合わせは、ワタシのブログからもO.K.です!
右下の、メールフォームより、ご連絡くださいね。


冷たいものとのお付き合いの仕方や、夏の理想的な過ごし方、
何を飲んだらいいの?までご紹介いたします。
少人数なので、個人個人の体質のお悩みににもご相談にのれると思います。

よろしければ、遊びに来てくださいね~


ブログランキングに参加してます。ポチット一押しお願いします。


にほんブログ村 健康ブログ 食育・食生活へ 

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

はじめまして(*^^*)

はじめてコメントさせて頂きます。tiny-☆と申します。よろしくお願いします(*^^*)
最近、すごく薬膳に興味を持っていて勉強をはじめようかなと思っています。
この間、すごく暑い日に朝からアイスを食べ、冷たい水やコーヒーをたくさん飲んで外に出かけたら、すごくしんどかったです(>_<)暑いからと冷たいものを取るのって逆効果だったんですね。
先日、お茶屋さんでハトムギ茶を見かけ、気になっています。夏に嬉しい効果などはあるのでしょうか?

No title

tiny-☆ さん
はじめまして!コメント、ありがとうございます。
簡単で続けやすい薬膳を紹介させていただいてます。
こちらこそ、よろしくお願いしますv-290

そうなんですよ~
からだの中から冷えてしまうと、体表も冷えて閉じてしまうので、
上手に汗をかいて熱を発散できなかったり、
冷たいものは、からだの熱を冷ます水になってくれなかったかりで、
のどごしは気持ちがいいけど、かえって暑さを感じたり、だるくなったりしちゃうんですよね~。

ここで、あまり不調を感じなくても、秋口に止まらない咳がでやすくなってしまったりねv-393

でも、TVでは、冷たいもので涼をとりましょう~ってよく言われますもんね。

ハト麦は、からだの余分な熱をとり、からだの中から除湿してくれます。
もし飲むようなら、常温以上でどうぞ~v-392

ハトムギにはそんな効果があるんですね♪飲んでみることにします!
もちろん常温以上で(*^^*)

ありがとうございました(o^^o)

No title

tiny-☆ さん
すっかりお返事が遅くなり、ごめんなさい~
ぜひぜひお試しくださいね。

ちなみに、我が家では、夏にあまり冷たいものを飲まない人は、あまり暑さを感じませんが、冷たいものをガンガン飲んでいる人は、「あつい~」と言ってます。
面白いですよね~
プロフィール

のりたま

Author:のりたま
国際中医師・国際中医薬膳師ののりたまです。

中学生で、母の味には手厳しい娘と、繊細で好き嫌いの多い小学生の息子をもつ母です。

なぜか、医療費がかさむ、我が家の財政改革するため、薬膳の勉強を始め、4年前に国際薬膳師となりました。

もっと、体質や症状に合わせた薬膳が作れるように・・・と2010年、国際中医師となりました。

2011年秋、国立北京中医薬大学日本校中医中薬専攻科を卒業し、もう一度、薬膳の勉強を・・・と、2012年より北京中医薬大の薬膳研究科で勉強しております。



「薬膳って、食材も手に入りにくそうだし、薬くさくて毎日の食事に取り入れにくそう」そういうイメージがありませんか??


いえいえ、冷蔵庫の中身で簡単にできちゃうんです!
食材のチカラをつかえば、インスタントでも大丈夫!


主婦の立場から、「労力も食費もかからず、元気になる」をモットーに、無理なく毎日続けられるごはんを考えてます。

コメントなどお気軽にどうぞ!!まだまだ修行中ののりたまですが、一緒に考えていきましょう。


アダルト系・宗教系のコメントは削除させていただきます。

掲載して頂いているサイト
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
好きなテーマを選んでください!
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
ブログ内検索
リンク
のりたまへのメールはこちらから♪
ご意見・ご質問・コラムや仕事の依頼などありましたら、お気軽にどうぞ! まだまだ修行中ですが、一緒に考えさせてください。

名前:
メール:
件名:
本文: