弾丸京都ツアー その1

先日、弾丸で京都ツアーに行ってきた。

ことの始まりは、娘がオープンキャンパスに行きたがったことから。
まったく、予定していなかったワタシはその日の午前中は仕事。
息子はサッカーの練習が入ってた。

娘に出した条件は、
京都の大学まで、自分で調べて自分で行くこと。
ワタシと息子は、午前の予定を片づけてから京都入りするから、
夕方着になっちゃうけど、それでもいいなら・・・と。

娘はそれでも行きたいという。
初めての所に、一人で行くのは苦手なのにね。

今年から高校生の娘。
娘の年で1人で海外へ留学する人もいる。

夏だし、冒険させてみるのもいいかと、
「じゃ、新幹線とホテルが予約できたらね」と話してたら、
なんと、1週間前だったのに、とれちゃったんです

午前の仕事が終わったら、娘からメールがあり、
無事に大学までたどり着けたと。
「やればできるじゃん!」とひと安心。

娘の中学の修学旅行は、定番の京都・奈良ではなく、滋賀へホームステイして農業体験。
高校の友達は、みんな京都・奈良へ行ったことがあるから、
時間があれば自分もベタなところを観光してみたいとの希望もあり、
次の日の夕方まで、1泊1日の京都観光へ、弾丸ツアー。

娘のとの待ち合わせは、絶対に迷わないようにと、
宿泊先には、京都駅に直結してるホテルにした。


そこから、娘の希望の晴明神社へ。(←ぜんぜんベタじゃない 笑)
2009 011_R
あ、横になっちゃった。

2009 012_R
ここは、陰陽師、安倍 晴明をまつってある神社。
陰陽を使って仕事をするワタシにも関わりの深い場所。

ワタシが、中医師になった年に、この先の仕事やこの先やりたいことの
誓いをたてに来た場所でもある。
今回は、娘のお陰で図らずもお礼参りに。

これは湧水が出ているところなんだけど、
石には、北斗七星。
こういうちょっとしたところがかわいくて、娘は行きたかったようなのだ。

2009 013_R
絵馬もかわいいでしょう?
絵馬に書いたことは、以前とほとんど変わらないけど、
もう一度、初心に帰るつもりで。


そして、そろそろ夕飯の時間なのに、お茶をしたくなるワタシたち。
2009 014_R
京都といえば、「抹茶がのみたい!」との息子の希望でお茶してきました。

夕飯時なのに、お茶するワタシ達。
「パパがいるとこうはいかないよね~」と、
ツアーは弾丸だけど、普段、なかなかゆっくりと話せないことを話したりと、
楽しい時間でした。

2009 015_R

こうして京都の夜は更けていきました。
あっという間の旅だったので、1回でおさまるかと思いきや、
おさまらなかったので、続きます・・・笑


ブログランキングに参加してます。ポチット一押しお願いします。


にほんブログ村 健康ブログ 食育・食生活へ 










スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

のりたま

Author:のりたま
国際中医師・国際中医薬膳師ののりたまです。

中学生で、母の味には手厳しい娘と、繊細で好き嫌いの多い小学生の息子をもつ母です。

なぜか、医療費がかさむ、我が家の財政改革するため、薬膳の勉強を始め、4年前に国際薬膳師となりました。

もっと、体質や症状に合わせた薬膳が作れるように・・・と2010年、国際中医師となりました。

2011年秋、国立北京中医薬大学日本校中医中薬専攻科を卒業し、もう一度、薬膳の勉強を・・・と、2012年より北京中医薬大の薬膳研究科で勉強しております。



「薬膳って、食材も手に入りにくそうだし、薬くさくて毎日の食事に取り入れにくそう」そういうイメージがありませんか??


いえいえ、冷蔵庫の中身で簡単にできちゃうんです!
食材のチカラをつかえば、インスタントでも大丈夫!


主婦の立場から、「労力も食費もかからず、元気になる」をモットーに、無理なく毎日続けられるごはんを考えてます。

コメントなどお気軽にどうぞ!!まだまだ修行中ののりたまですが、一緒に考えていきましょう。


アダルト系・宗教系のコメントは削除させていただきます。

掲載して頂いているサイト
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
好きなテーマを選んでください!
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
ブログ内検索
リンク
のりたまへのメールはこちらから♪
ご意見・ご質問・コラムや仕事の依頼などありましたら、お気軽にどうぞ! まだまだ修行中ですが、一緒に考えさせてください。

名前:
メール:
件名:
本文: