『おうち食医養成講座』と2013年

2013年も、残りわずかです。

みなさんにご挨拶をする前に、どうしても今年の出来事として書いておかなければならない、
『おうち食医養成講座』のこと。

何年か前から、依頼された先で依頼された内容でお話ししてきた薬膳講座。

お勉強チックなものもあったし、今でも大好評の薬膳茶のワークショップや、
苦手な(笑)調理実習などなど、形はさまざまでとても勉強になりましたが、

ありがたいことに、毎回、ご参加くださる方もいらっしゃって、
それでも講座内容は、初めて来てくれる人のことも考えて、
「薬膳とは?」から。
時間も、1時間半とか2時間とか決められてるから、なかなかそれ以上の話には進めない。

毎回ご参加くださる受講者さんの1人から、
「カフェとかでもいいから、基礎からしっかり、連続で薬膳を教えてくれないか?」を依頼がありました。
その方は、薬膳の本は山ほど持ってるけど、わかってるようでわからない。
だから、特別に教えてくれないか・・・と。

他にも何人かから、連続講座を聞きたい!といっていただいていたこともあり、
思い切って今年の4月から『おうち食医養成講座』を始めてみました。

受講者さんを募集してみたのはいいけど、
「そんなに薬膳を知りたい人もいないかも・・・」とは思っていたら、
なんと!ありがいことに、30人弱の方が4月から受講してくださることになりました。

毎年、4月に1回だけの募集でいるつもりが、
あまりに、「秋開講の講座はないのか?」との声が多くて、
1クラスだけ10月に開講することにしたら、あっという間に定員はいっぱいになり、
キャンセル待ちの方もたくさんいらして、
現在、来年の4月開講の春クラスを待っていただいている状況です。

この、「おうち食医」という言葉には、ワタシの薬膳への思いがぎゅーっと詰まってます。
食医というのは、古代の中国で皇帝の食事の管理などをして、
病気の予防などにつとめていて、内科医や外科医などよりも位が高いとされていた
職業ですが、

一家に1人、食医がいたら、家族の不調や体質改善にも役に立てることができるじゃないですか!
薬膳のもととなる中医学は、お腹をひらいて検査をしたり、何かの数値をとって検査をするかわりに、
顔色をみたり、声を聞いたりすることが重要な診断材料となります。
普段の、その人を知っているひとが一番変化に気付きやすい。
一番知っている人は、どんな名医よりも家族じゃないですか?
だから、「おうち食医」です。

だから、このブログでもずっとお伝えしている、
無理しないで、毎日続けやすい薬膳や、
中医学的な養生方法をご紹介したいと思ったんです。

受講者さんのたくさんの方から、
ご自身やご家族の体質が変わってきた~・・・と聞くととても嬉しいです。

その中のお一人から、旦那さんがものすごくびっくりしていというお話を伺いました。
「血が人よりも少なく、朝は起きられなかったか、起きてもぼーーっとしていたのに、
薬膳を始めてから、朝から元気に起きていることにびっくりしている」と。

それを聞いたときにとても嬉しくなりました。
だって、奥さんやママが元気だと、家族はみんな元気になれる。
これこそまさに、「おうち食医」

他の方も、4月にお会いした当初よりもずーっと顔色がよくなったり、
声が大きくなったり、表情が豊かになったりで、
元気にきれいになってるのがわかるんです~

これって、ワタシのなによりの幸せで、原動力でした。


「おうち食医養成講座」を始めてから、ワタシの中でも変化がありました。
まず、ブログを始めずーーっと書くことが好きだと思っていたワタシですが、
なにより、講座でお話することが楽しくて好き!ということに気づけました。

自分の薬膳を伝えられることの嬉しさと大事さを感じるたびに、
他の先生の薬膳も大事にしようと思ったのです。
(前記事の薬膳コンセルジュ協会みたいにね)

そして、ワタシにとっての受講者さんの毎月の変化をみられたのは貴重な体験でした。

2013年に『おうち食医養成講座』を受講してくださったすべての方に、
この場を借りてこころからお礼を申し上げます。
本当にありがとうございました。


来年からも、『おうち食医養成講座』はバージョンアップしていくつもりです。
まずは、食医塾ということで、番外編?をさせていただき、
中医や薬膳に関する先生をお招きして講座をしていただいたり、
苦手な調理実習もやってみようかな~って。
食医塾は、『おうち食医養成講座』の受講者さんだけでなく一般の方も募集しようかな?とかね。

4月からも、平日午前中と、土曜日と、2クラス開講する予定です。
また、ご案内はさせていただくつもりですが、

ワタシの薬膳への思いがぎゅーっと詰まった、
『おうち食医養成講座』来年もどうぞよろしくお願いいたします。

写真は、秋に受講者さんと行った「中華街お買い物ツアー」でのランチ。
これもよい思い出です。
013_R_20131129125940475.jpg


ブログランキングに参加してます。ポチット一押しお願いします。


にほんブログ村 健康ブログ 食育・食生活へ 







スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

のりたま

Author:のりたま
国際中医師・国際中医薬膳師ののりたまです。

中学生で、母の味には手厳しい娘と、繊細で好き嫌いの多い小学生の息子をもつ母です。

なぜか、医療費がかさむ、我が家の財政改革するため、薬膳の勉強を始め、4年前に国際薬膳師となりました。

もっと、体質や症状に合わせた薬膳が作れるように・・・と2010年、国際中医師となりました。

2011年秋、国立北京中医薬大学日本校中医中薬専攻科を卒業し、もう一度、薬膳の勉強を・・・と、2012年より北京中医薬大の薬膳研究科で勉強しております。



「薬膳って、食材も手に入りにくそうだし、薬くさくて毎日の食事に取り入れにくそう」そういうイメージがありませんか??


いえいえ、冷蔵庫の中身で簡単にできちゃうんです!
食材のチカラをつかえば、インスタントでも大丈夫!


主婦の立場から、「労力も食費もかからず、元気になる」をモットーに、無理なく毎日続けられるごはんを考えてます。

コメントなどお気軽にどうぞ!!まだまだ修行中ののりたまですが、一緒に考えていきましょう。


アダルト系・宗教系のコメントは削除させていただきます。

掲載して頂いているサイト
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
好きなテーマを選んでください!
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
ブログ内検索
リンク
のりたまへのメールはこちらから♪
ご意見・ご質問・コラムや仕事の依頼などありましたら、お気軽にどうぞ! まだまだ修行中ですが、一緒に考えさせてください。

名前:
メール:
件名:
本文: