2015年 今年もよろしくお願いいたします

こちらではまだご挨拶をしておりませんでした!

昨年も1年間ありがとうございました。
ホームページを作ってから、なかなかブログまで手が回らず、
後半は特に怒涛の1年でした。

気づくと、何か月も更新していない!!

こんなブログに遊びに来てくださる方にも、
お礼の一つも述べないまま、1年が過ぎ去り、
年が明けて、はや半月!!!
こんな年は初めてです!!

ホームページもFacebookもあるし、そんなに記事を書けないし、
もうブログはやめちゃおうかな~・・・と何度も思いましたが、
中医学、薬膳初心者の方が、ありがたいことに、
こちらのブログを参考にしてくださったりしているのを聞くと、
細々でも続けていこうかな・・・とも思って。

昨年もいろいろなところでお仕事をさせていただきました。
すべて、いろんな方々とのいい出会いの場になりましたが、

特に嬉しかったのは、念願の飲食店のメニューを監修できたこと!!
お店のオーナーさんの奥様が、ワタシの主宰する「おうち食医養成講座」にきていただいてて、
そのご縁で、季節の薬膳メニューを監修させていただくことになりました。

海老名和食 ありがとう屋さんです。
神奈川県海老名市国分南1-11-6 
tel.046-259-8381

IMG_2452_R.jpg
これは、秋メニューで監修させていただいた、「豆腐の田楽」
田楽味噌が薬膳味噌です~

また、11月には、食医塾で女子力アップの薬膳コースを監修させていただきました。
グランドメニューにはない、特別メニューです。

IMG_2646_R.jpg
肝腎にいい前菜です

IMG_2648_R.jpg
メインは腎=アンチエイジングにいいもので~
木の切り株にみたてて、銀杏や落ち葉、きのこがあります~

IMG_2633_R.jpg
こちらは、二日酔い防止を考えた「薬膳サングリア」

職人さんは、県内の有名な懐石料理のお店で修行してきた方で、
お味もすごいけど、職人技がすごくてびっくりです!

ワタシ「栗、使いたいんだけど~」
職人さん「栗、作っちゃいますか?」
ワタシ「え?作る??」

ということで、いが栗にみたてて、栗を使って作ってくれちゃったりね~
季節感とかも、実家の和菓子屋とも通じるものがあって、面白いんですよ~

ということで、とても充実した1年となりました。

なかなかブログは更新できませんが、
元気に楽しく仕事をしております~

新年にちょっとした出来事もあり、
早くも、「今年は無理をしない」1年にしようと思ってます。

ですから、頑張ってブログを更新します!とはお約束いたしません~笑

こんなブログですが、
今年もどうぞよろしくお願いいたします。


にほんブログ村 健康ブログ 食育・食生活へ 


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

のりたま

Author:のりたま
国際中医師・国際中医薬膳師ののりたまです。

中学生で、母の味には手厳しい娘と、繊細で好き嫌いの多い小学生の息子をもつ母です。

なぜか、医療費がかさむ、我が家の財政改革するため、薬膳の勉強を始め、4年前に国際薬膳師となりました。

もっと、体質や症状に合わせた薬膳が作れるように・・・と2010年、国際中医師となりました。

2011年秋、国立北京中医薬大学日本校中医中薬専攻科を卒業し、もう一度、薬膳の勉強を・・・と、2012年より北京中医薬大の薬膳研究科で勉強しております。



「薬膳って、食材も手に入りにくそうだし、薬くさくて毎日の食事に取り入れにくそう」そういうイメージがありませんか??


いえいえ、冷蔵庫の中身で簡単にできちゃうんです!
食材のチカラをつかえば、インスタントでも大丈夫!


主婦の立場から、「労力も食費もかからず、元気になる」をモットーに、無理なく毎日続けられるごはんを考えてます。

コメントなどお気軽にどうぞ!!まだまだ修行中ののりたまですが、一緒に考えていきましょう。


アダルト系・宗教系のコメントは削除させていただきます。

掲載して頂いているサイト
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
好きなテーマを選んでください!
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
ブログ内検索
リンク
のりたまへのメールはこちらから♪
ご意見・ご質問・コラムや仕事の依頼などありましたら、お気軽にどうぞ! まだまだ修行中ですが、一緒に考えさせてください。

名前:
メール:
件名:
本文: