「わかりやすい東洋医学講演会」終了しました

なかなか更新できないうちにあっと言う間に
1週間たってしまいそうですが(笑)

先日、5月28日(日)、i be主催の講演会、
「わかりやすい東洋医学講演会・夏」が無事終了いたしました。

お休みのところ、たくさんの方にお越しいただき、ありがとうございます。

この講演会、今回で6回を迎えますが、
リピーターさんも多いのですが、
中医学&薬膳、はじめましての方もたくさんいらして下さるのも嬉しいところです。

IMG_6229.jpg

今回は、日本人の弱い脾臓(胃腸、消化器官)が、1年で一番弱りやすい夏、
どうすごしたらいいのか?をお話しさせていただきました。

「冬病夏治(とうびょうかじ)」という言葉がございます。
冬の病気は夏治すということですが、
寒くなる時期に多くなる喘息はもちろん。
春の病気である花粉症も、発作期の春よりも、発作が出ていない夏こそが、体質改善のチャンとなります。
そんなお話もさせていただきました。

ご参加くださった方、どうぞ、無理のないところから、やってみてくださいね。

IMG_6231.jpg

次回は、
7月30日(日)
わかりやすい東洋医学講演会・秋
となります。
湿気に弱いのは脾臓ですが、
秋の乾燥に弱いのは肺となります。

8月7日の立秋を過ぎたら、暦の上では秋となります。
少し早いですが、
秋の養生と、風邪の予防&対策をお話いたします。

i be主催の講演会は、実はこれで最終回となります。
しばらく、海老名での単発の講演会はないかな~と思いますので、

中医学&薬膳に興味がある方、
秋に、止まらない咳、気管支炎、肌のトラブル、鼻炎などに悩まされる方、
風邪の時に、できるだけお薬を使いたくない方、
ぜひ、この機会にお越しくださいませ。

お申込み&お問い合わせは
ibe事務局まで、お気軽にどうぞ~

ブログランキングに参加してます。ポチット一押しお願いします。


にほんブログ村 健康ブログ 食育・食生活へ 



スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

のりたま

Author:のりたま
国際中医師・国際中医薬膳師ののりたまです。

中学生で、母の味には手厳しい娘と、繊細で好き嫌いの多い小学生の息子をもつ母です。

なぜか、医療費がかさむ、我が家の財政改革するため、薬膳の勉強を始め、4年前に国際薬膳師となりました。

もっと、体質や症状に合わせた薬膳が作れるように・・・と2010年、国際中医師となりました。

2011年秋、国立北京中医薬大学日本校中医中薬専攻科を卒業し、もう一度、薬膳の勉強を・・・と、2012年より北京中医薬大の薬膳研究科で勉強しております。



「薬膳って、食材も手に入りにくそうだし、薬くさくて毎日の食事に取り入れにくそう」そういうイメージがありませんか??


いえいえ、冷蔵庫の中身で簡単にできちゃうんです!
食材のチカラをつかえば、インスタントでも大丈夫!


主婦の立場から、「労力も食費もかからず、元気になる」をモットーに、無理なく毎日続けられるごはんを考えてます。

コメントなどお気軽にどうぞ!!まだまだ修行中ののりたまですが、一緒に考えていきましょう。


アダルト系・宗教系のコメントは削除させていただきます。

掲載して頂いているサイト
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
好きなテーマを選んでください!
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
ブログ内検索
リンク
のりたまへのメールはこちらから♪
ご意見・ご質問・コラムや仕事の依頼などありましたら、お気軽にどうぞ! まだまだ修行中ですが、一緒に考えさせてください。

名前:
メール:
件名:
本文: