毎日の薬膳五色

『未病発見は、体からのサインから
未病予防は、毎日の食と生活から』
神奈川から未病予防を発信する、おうち食医®主宰の、のりたまこと、萌木のり子です。

10月開講のおうち食医🄬養成講座のご案内です!
【おうち食医🄬養成講座ベーシックコース@リカフェのご案内】
「食で自分や家族の体調管理をしたい!」そんな方は、
月1回の講座で、1年をかけて、薬膳のお約束を学んでみませんか?

10月から開講のクラスは、平日夜です。
お仕事帰りの方も、
家族の夕飯作ってからのお勉強の方も、
お待ちしておりますね。
今回は男性の参加者もいらっしゃいます。
「薬膳気になるけど、女子ばっかりでしょう~ちょっと行きにくい」というかたも、
この機会にどうぞ~
(ちなみに、調理実習ではなく、理論を座学でお勉強するこの講座。
現在、企業様主催でも行っておりますが、
たくさんの男性にも楽しんで聞いていただいております。)

〈日時〉
毎月第1木曜日 19:00~21:00(定員12名)(残席2名)
第一回目 10月5日(木)
第二回目 11月2日(木)


※基本は上記日程となりますが、都合により変更になる場合がございます。
(約2か月前には決定いたします。「おうち食医」HPカレンダーにてご確認くださいませ)

<開催場所>
海老名市河原口379-1
tel 046-244-0739
小田急線・相模線厚木駅(本厚木駅でない)改札目の前

<募集人数> 12名(残席2名)

<内容>
◆10月ベーシックコース(全12回)
中医学・薬膳の基礎を知り、季節の養生ができるようになる。

詳しくはこちらから

お申込み&お問い合わせは、
このブログ、右下のメールフォームで、直接萌木まで
もしくは、
Recafeさんまでお願いいたします。


ブログランキングに参加してます。ポチット一押しお願いします。


にほんブログ村 健康ブログ 食育・食生活へ 

さて、9月のおうち食医養成講座ベーシックコースの内容は、
「四性五味」でした。
その際にお話したのですが、

薬膳のもととなる五行理論では、
五色(青、赤、黄、白、黒)も、五臓にそれぞれリンクすると考えます。

青=肝
赤=心
黄=脾(胃腸消化器官)
白=肺
黒=腎

全てがその限りではないですが、
それぞれの色の食べ物は、それぞれの臓器を補うという考え方です。
例えば、
赤い豆の小豆は心臓を、
黄色い豆の大豆は脾臓(胃腸消化器官)を、
黒い豆の黒豆は腎臓を、
それぞれ補うと考えられてます。

つまり、五臓を全てバランスよく補うなら、五色をバランスよく食べたらいいということです。
詳しい効能など知らなくても、
目で見てわかりやすいので、
薬膳の初めの一歩としては入りやすいと思います。

・・・そんな話を授業でしたのですが、
まんまと、参考写真を持っていき忘れたので、
ここで補足としてアップしておきます~~

IMG_6690_R.jpg
例えば、先日のお弁当でした。
その日は、娘が、夜はゼミ→外食になる可能性が高いから、
「2食外食は嫌だから、お弁当を作ってくれ」というので、作ったお弁当。

ピーマンの青、
卵、さつま芋の黄、
レンコンの白に、
黒がなかったから、黒ゴマぱらりで。
作ったら、赤がなかった~
ここで、梅干し入れて赤でもいいわけですが、
娘は梅干しが嫌いなので、
赤しそのふりかけで赤を。

…こんなんでいいんです!五色(笑)
たいしたことじゃないでしょう?(笑)

これもいつかのお弁当
IMG_5265_R.jpg
写真ちっさ~~~笑ですが、
これも五色揃ってます。

でね、ずるして?こんなのもOK!
IMG_5103_R_20170928104906132.jpg
これね、
青は緑豆
赤は梅干しとクコ
黄色は粟
白はハトムギ
黒は黒米と黒ゴマ
ほら、ご飯だけで五色です。
これならおかずは色のバンスが取れてなくて
茶色だけでも全然OK~~~(笑)

薬膳のハードルさがりますよね?

いいんです!
毎日のご飯は、
きっちりやろうとすると、絶対に無理が出ますから。

一食で五色揃わなければ、
足りない色だけ食べてもOKですから。
例えば、最初の赤の少ない弁当の娘は、外食の時にトマトのパスタを選べばいいとかね。
ほら、簡単で面白いでしょ?

毎日、五色バランス意識してみてくださいね。

ブログランキングに参加してます。ポチット一押しお願いします。


にほんブログ村 健康ブログ 食育・食生活へ 









スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

のりたま

Author:のりたま
国際中医師・国際中医薬膳師ののりたまです。

中学生で、母の味には手厳しい娘と、繊細で好き嫌いの多い小学生の息子をもつ母です。

なぜか、医療費がかさむ、我が家の財政改革するため、薬膳の勉強を始め、4年前に国際薬膳師となりました。

もっと、体質や症状に合わせた薬膳が作れるように・・・と2010年、国際中医師となりました。

2011年秋、国立北京中医薬大学日本校中医中薬専攻科を卒業し、もう一度、薬膳の勉強を・・・と、2012年より北京中医薬大の薬膳研究科で勉強しております。



「薬膳って、食材も手に入りにくそうだし、薬くさくて毎日の食事に取り入れにくそう」そういうイメージがありませんか??


いえいえ、冷蔵庫の中身で簡単にできちゃうんです!
食材のチカラをつかえば、インスタントでも大丈夫!


主婦の立場から、「労力も食費もかからず、元気になる」をモットーに、無理なく毎日続けられるごはんを考えてます。

コメントなどお気軽にどうぞ!!まだまだ修行中ののりたまですが、一緒に考えていきましょう。


アダルト系・宗教系のコメントは削除させていただきます。

掲載して頂いているサイト
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
好きなテーマを選んでください!
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
カレンダー
06 | 2018/07 | 08
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
ブログ内検索
リンク
のりたまへのメールはこちらから♪
ご意見・ご質問・コラムや仕事の依頼などありましたら、お気軽にどうぞ! まだまだ修行中ですが、一緒に考えさせてください。

名前:
メール:
件名:
本文: