昨日は企業様主催のおうち食医養成講座でした。

『未病発見は、体のサインから
未病予防は、毎日の食と生活から』
神奈川から未病予防を発信する、おうち食医®主宰の、のりたまこと、萌木のり子です。

ブログへご訪問、ありがとうございます。

ブログランキングに参加してます。ポチット一押しお願いします。


にほんブログ村 健康ブログ 食育・食生活へ 

昨日は、企業様主催のおうち食医🄬養成講座でした。
会場の前の広場は、もうクリスマスっぽくなってました~
IMG_6937.jpg
はやい~~笑
こういうのを見ると、若いころはウキウキしてたけど、
最近は、「あ!今年が終わっちゃう~、まだ何も片付いていないのに~~」と焦ります。
しかも、ここから3週間くらい、怒涛の日々が続くので、
ますます焦ります(笑)

そんな中、昨日のテーマは「五臓六腑」
IMG_6938_R.jpg
写真は五郎六腑とは、まるで関係ないものです(笑)

五臓六腑は、薬膳&中医学を勉強している人は、
必ず1度はつかえる所なんじゃないでしょうか?
今まで知っていた西洋医学的なからだの仕組みとは、
まるでとらえ方も違い、
実体がない臓器まで、考え方の上では存在する。

まずはエビデンスありき!の考えが先行しては、
絶対にわからないくらいの難しさ。


私なんて、勉強しだした当初は
「こんな難しいなら、もう中医学なんてやめてやる!」ってやさぐれてましたもん(笑)

すごく難しいところだから、おうち食医養成講座では、
夏季特別講座で、五臓六腑の復習会をやっちゃうくらい~笑

それがね、人に伝えるようになって、
何度も勉強しなおして、
何度も資料を練り直して、
何度も伝えているうちに、
五臓六腑、私の中では、
とても大好きで、教えるのにワクワクするところに変わっていったのです(笑)

昨日も、とても楽しくお話してきました。

特にね、前日、来年から開講予定の、通信講座の撮影もあったりして。
その撮影は、カメラマンさんと私の2人でするので、
聞いているのは、当たり前だけどカメラマンさんのみ。
正直、やりにくいの~~~

あんなに何度も講座をしてきたのに、
その場に参加して、話を聞いてくださることが、どんなにありがたいか改めて感じたのでね。

IMG_6936_R.jpg
初めてピンマイクとかつけちゃうし~
珍しく、緊張もMax(笑)

そのあとの五臓六腑!!!
もう、もう、本当に楽しかったです。
楽しすぎて、余計な話まで盛り込んでしまいました~笑

やっぱり私は講座のライブ感が好きだな~と改めて思った一日でした。
そして、参加してくださる方に、あらためて感謝を申し上げます。



ブログランキングに参加してます。ポチット一押しお願いします。


にほんブログ村 健康ブログ 食育・食生活へ 




スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

のりたま

Author:のりたま
国際中医師・国際中医薬膳師ののりたまです。

中学生で、母の味には手厳しい娘と、繊細で好き嫌いの多い小学生の息子をもつ母です。

なぜか、医療費がかさむ、我が家の財政改革するため、薬膳の勉強を始め、4年前に国際薬膳師となりました。

もっと、体質や症状に合わせた薬膳が作れるように・・・と2010年、国際中医師となりました。

2011年秋、国立北京中医薬大学日本校中医中薬専攻科を卒業し、もう一度、薬膳の勉強を・・・と、2012年より北京中医薬大の薬膳研究科で勉強しております。



「薬膳って、食材も手に入りにくそうだし、薬くさくて毎日の食事に取り入れにくそう」そういうイメージがありませんか??


いえいえ、冷蔵庫の中身で簡単にできちゃうんです!
食材のチカラをつかえば、インスタントでも大丈夫!


主婦の立場から、「労力も食費もかからず、元気になる」をモットーに、無理なく毎日続けられるごはんを考えてます。

コメントなどお気軽にどうぞ!!まだまだ修行中ののりたまですが、一緒に考えていきましょう。


アダルト系・宗教系のコメントは削除させていただきます。

掲載して頂いているサイト
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
好きなテーマを選んでください!
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
カレンダー
06 | 2018/07 | 08
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
ブログ内検索
リンク
のりたまへのメールはこちらから♪
ご意見・ご質問・コラムや仕事の依頼などありましたら、お気軽にどうぞ! まだまだ修行中ですが、一緒に考えさせてください。

名前:
メール:
件名:
本文: