〈2018年花粉症シリーズ⑤かゆくてかゆくて、しかたない人は〉

『未病発見は、体のサインから
未病予防は、毎日の食と生活から』
神奈川から未病予防を発信する、おうち食医®主宰の、のりたまこと、萌木のり子です。

ブログへご訪問、ありがとうございます。

4月開講のおうち食医®養成講座ベーシックコースですが、
通学コースはお陰様で満席となりましたので、これにて受付を終了させていただきます。

また、オンラインでのべーしくコースは、4月には開講しないことにいたしました。
興味を持っていただいてたかた、大変申し訳ございません。
10月には開講予定ですので、よかったら、よろしくお願いいたします。

ブログランキングに参加してます。ポチット一押しお願いします。


にほんブログ村 健康ブログ 食育・食生活へ 

さて、ここのところ2018年の花粉症シリーズを書いてきましたが、(こちらから
かゆみが出る人は、次回~~・・・と書きながら、
「まだかな~」とお待ちかね?の、かゆみで悩まされている皆様へ・・・

かゆみのある人は、
午後からや、夕方、温かくなったり、疲れが出てくることに辛くなりませんか?
その人たちはもしかしたら、体に熱がこもっているのかもしれません。

熱がこもりやすい人は、大きく分けて2タイプいます。
①若い男の子みたいに、ニキビがいっぱいだったり、暑がりだったりする人
(たまに若くなくても?暑がりの人もいますけどね~笑) 

②更年期の女性のように、体を潤す(血・水)が少なく、のぼせほてりなどのある人。


このタイプの人は、同じ邪気(病気の元。この場合は花粉)を受けても、
熱化しやすいんですよ~

そうすると、
目や肌がかゆくなったり、
目が赤くなったり、
喉が痛くなったりします。

ひどい人は、熱が出たり、
こじれて、副鼻腔炎や中耳炎になったりする人も!?

このタイプの人は、
もしかしたら、
脂っこいガッツリしたご飯や、スナック菓子が好きじゃないですか?
お砂糖でできた甘いおやつが好きじゃないですか?
お酒が好きじゃないですか?

スパイスは、生薬の1つだし、たくさん食べたほうがいいと思ってませんか?
スパイス類は体に熱をこもらせるものが多いので、ますますヒートアップ!!!

にんにくや唐辛子も体に熱をこもらせる食材です。
キムチやカレーを毎日のように食べてて、
「かゆい~~~」なんて、そりゃそーだ(笑)

寝不足も、体に熱をこもらせることになるから、要注意!

そして、上記の②のタイプの人は、何も更年期の女性だけじゃない。
視力は血なので、どこも出血してないけど、
その、スマホやゲームのし過ぎで、体を潤せずに、熱がこもってかゆくなっているのかも!?

夜中まで、スマホやゲームをやってて寝不足で、
「かゆい~~~」なんて、そりゃそーだ(笑)

このタイプの人は、
辛いものや、甘いもの、脂っこいものは体にますます熱をこもらせるから、
避けたほうがいいんですが・・・
困ったことに、このタイプの人は、これらのものが好きな人が多いんですよね。
でも、かゆいのが辛いなら、この時期控えたほうがいい。

そして、このタイプの人がとりたい食材は、
IMG_3214_R_20180315231819b58.jpg
ミント。
これは、飲みやすいように緑茶とフレッシュミントのお茶。
これだと、ミント嫌いの人も飲みやすい。

フレッシュがなくても大丈夫!
DSC03056_R_20180315231814a3a.jpg
ティーパックのミントティーも、温かい緑茶で入れてあげると飲みやすい。

他にも、手に入るなら菊花茶
IMG_4058_R.jpg
菊花は、中華街や漢方薬局とかじゃないと、手に入りにくいかもしれませんが、
目のかゆみにはテキメンです。

他にも、ドラッグストアに売ってる桑の葉茶でもいいです。

で、一番のポイントは、
このタイプの人は、喉も乾くし、冷たいものを飲みたいところなんですが、
できるだけ温かいもので~

実は、冷たいものって、のどごしは冷たくていいのですが、
体の熱をとってはくれないので、
飲んでも飲んでも喉が渇くし、
熱化した体を冷ましてもくれないんです。

我が息子も、小さい頃は目だけ花粉症でした。
赤くなり、かゆくなるんです~

で、保守的な彼は、菊花茶も、ミントティーも嫌い。
でも、家での飲み物を一年中、温かい緑茶にかえたら、
花粉症がなくなっちゃったんです。

緑茶も体にこもった熱をとりますからね~
もちろん、温かい状態でね。

で、緑茶だけに頼らず、
この時期だけは、辛いものや、甘いもの、脂っこいものなどは避けて、
夜更かししてスマホやゲームをし過ぎず、早寝してくださいね。

ブログランキングに参加してます。ポチット一押しお願いします。


にほんブログ村 健康ブログ 食育・食生活へ 




スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

のりたま

Author:のりたま
国際中医師・国際中医薬膳師ののりたまです。

中学生で、母の味には手厳しい娘と、繊細で好き嫌いの多い小学生の息子をもつ母です。

なぜか、医療費がかさむ、我が家の財政改革するため、薬膳の勉強を始め、4年前に国際薬膳師となりました。

もっと、体質や症状に合わせた薬膳が作れるように・・・と2010年、国際中医師となりました。

2011年秋、国立北京中医薬大学日本校中医中薬専攻科を卒業し、もう一度、薬膳の勉強を・・・と、2012年より北京中医薬大の薬膳研究科で勉強しております。



「薬膳って、食材も手に入りにくそうだし、薬くさくて毎日の食事に取り入れにくそう」そういうイメージがありませんか??


いえいえ、冷蔵庫の中身で簡単にできちゃうんです!
食材のチカラをつかえば、インスタントでも大丈夫!


主婦の立場から、「労力も食費もかからず、元気になる」をモットーに、無理なく毎日続けられるごはんを考えてます。

コメントなどお気軽にどうぞ!!まだまだ修行中ののりたまですが、一緒に考えていきましょう。


アダルト系・宗教系のコメントは削除させていただきます。

掲載して頂いているサイト
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
好きなテーマを選んでください!
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
カレンダー
06 | 2018/07 | 08
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
ブログ内検索
リンク
のりたまへのメールはこちらから♪
ご意見・ご質問・コラムや仕事の依頼などありましたら、お気軽にどうぞ! まだまだ修行中ですが、一緒に考えさせてください。

名前:
メール:
件名:
本文: