タケノコ注意報!・その1

『未病発見は、体のサインから
未病予防は、毎日の食と生活から』
神奈川から未病予防を発信する、おうち食医®主宰の、のりたまこと、萌木のり子です。

ブログへご訪問、ありがとうございます。

【お知らせ】
4月開講のおうち食医®養成講座ベーシックコース、
5月開講のおうち食医®養成講座アドバンスネクストコースは、
おかげさまで満席となりましたので、これにて受付を終了させていただきます。
ありがとうございました。

次回の開講は、今秋となります。
募集は、8月ごろからとなりますので、よろしくお願いいたします。


ブログランキングに参加してます。ポチット一押しお願いします。


にほんブログ村 健康ブログ 食育・食生活へ 

さてさて、更新が滞っておりましたが、
怒涛の3月をすごしておりました。
そして、
4月になればスケジュールが空くかと思いきや、
お陰様で、怒涛の4月をすごしております(笑)

なぜ怒涛の3月か、
なぜ怒涛の4月か、
書きたいことはたくさんあれど、

まずは、旬の話題で、のお話から。
IMG_7404_R.jpg



筍って美味しいですよね~
トウモロコシのようなほくほくした感じや、(似てません?笑)
香りも大好き。

いただくときはあちこちから頂いたり、
作るとたくさんできちゃうから、
毎日のように食べてませんか?

私も、一度煮ると、キッチンの通りがかりに、つまみ食い。
ご飯の支度をしながら、つまみ食い。
洗い物しながら、つまみ食い。

・・・でもね、これ、気を付けないと大変なことになります!!

筍って、畳を突き破って生えるほど、生命力が強い。
その強さに、胃腸が弱い人は負けてしまう場合があるんです。

これね、筍だけだけじゃなく、他の食材にも言えますが、
どんなに栄養価が豊富でも、
胃腸の弱い人は、ちゃんとその食材を自分の胃腸が受け入れて栄養に変えられるか
考えてみてください。
ちゃんと胃腸が受け入れられなければ、ただの余分な「湿」になっちゃいます。

筍は、特に強い食材だから、胃腸の弱い人は要注意です!!!!

筍を食べたら、鼻水が出た、咳が出た、喉の奥が痛い・・・・なんかはまだ序の口で、
アトピーや喘息などのアレルギーを持っている人は、
それを引き起こすもとともなっちゃう。

蕁麻疹や、かゆみの元にもね。

もしかしたら、そのかゆみ、
花粉や黄砂のせいじゃないかもしれませんよ?

かゆみの元は、体の中からもできるんです。

だから、美味しいからって、食べすぎちゃだめですよ~
特に胃腸の弱い人はね。

でも、旬の筍、楽しみたい~~~
って方は、次回はコツをお話したしますね。

ブログランキングに参加してます。ポチット一押しお願いします。


にほんブログ村 健康ブログ 食育・食生活へ 

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

のりたま

Author:のりたま
国際中医師・国際中医薬膳師ののりたまです。

中学生で、母の味には手厳しい娘と、繊細で好き嫌いの多い小学生の息子をもつ母です。

なぜか、医療費がかさむ、我が家の財政改革するため、薬膳の勉強を始め、4年前に国際薬膳師となりました。

もっと、体質や症状に合わせた薬膳が作れるように・・・と2010年、国際中医師となりました。

2011年秋、国立北京中医薬大学日本校中医中薬専攻科を卒業し、もう一度、薬膳の勉強を・・・と、2012年より北京中医薬大の薬膳研究科で勉強しております。



「薬膳って、食材も手に入りにくそうだし、薬くさくて毎日の食事に取り入れにくそう」そういうイメージがありませんか??


いえいえ、冷蔵庫の中身で簡単にできちゃうんです!
食材のチカラをつかえば、インスタントでも大丈夫!


主婦の立場から、「労力も食費もかからず、元気になる」をモットーに、無理なく毎日続けられるごはんを考えてます。

コメントなどお気軽にどうぞ!!まだまだ修行中ののりたまですが、一緒に考えていきましょう。


アダルト系・宗教系のコメントは削除させていただきます。

掲載して頂いているサイト
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
好きなテーマを選んでください!
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
カレンダー
06 | 2018/07 | 08
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
ブログ内検索
リンク
のりたまへのメールはこちらから♪
ご意見・ご質問・コラムや仕事の依頼などありましたら、お気軽にどうぞ! まだまだ修行中ですが、一緒に考えさせてください。

名前:
メール:
件名:
本文: