FC2ブログ

春の酸味の取りすぎはNG!!

『一番の名医は自分で、一番の妙薬は自分が持ってます』
未病予防は、毎日の食と生活から。
神奈川から未病予防を発信する、中医学・薬膳教室 おうち食医®主宰の、のりたまこと、萌木のり子です。

ブログへのご訪問ありがとうございます。

【4月開講☆おうち食医養成講座ベーシックコースのご案内】
4月から、1ヶ月に一度、一年をかけて(12回)、中医学&薬膳を学んでみませんか?
今回の開講は、
①通学クラス(12名定員 残席5名 満席となりました!
②オンラインクラス(8名定員 残席6名

詳細はこちらから

ブログランキングに参加してます。ポチット一押しお願いします。

にほんブログ村 健康ブログ 食育・食生活へ

さて、先日の講演会で、
こんな質問がありましたので、
シェアさせていただきます。

先生が講演会の時に、春は積極的に甘いものを取る
・・・とおっしゃっていたところがイマイチ良く理解できませんでした。
相克のところだと思うのですが。

この原理で行くと、
夏は辛いもの
土用は塩っぱいもの
秋は酸っぱいもの
冬は苦いもの
ということですか?


これは、先日の講演会で、
私が、五行図を読んで説明していたところです。

ちなみに、あまりにプロジェクターの映りが悪く、
「ご質問の中で、もう一を五行図を見せてください」
というのもありましたので、
ここで貼り付けておきます。

IMG_9370.jpg

これだと、
木と同じ青い丸の中に、
春と、酸味がありますよね。

ですから、間違えやすいのは、
「春は酸味をとるとよい」
ということ。

・・・確か、私が勉強していた、薬膳の大学でもそう習っていたような・・・笑

でもね、ちゃんと、五行の性質を知っていると、
おかしいことに気づきます。

春はのびのびと芽を出す季節です。
のびのびと芽を出す・・・というのは、外向きの勢いです。

なのに、酸味は、「出すぎを止める」など、内向きの勢い。
これでは、のびのびと芽を出すことができません。

だから、春に酸味は取りすぎてはだめなんですよ。

※これは決して、春に酸味を取ってはいけないという意味ではなく、
ほかの、苦味、辛味、鹹味(塩辛い味)と同じくらいにバランスよくとった方が良いということです。

では、春は、何味のものを積極的にとった方がいいのか?
それは、「甘味」です。
これは、砂糖の甘さではなく、自然の甘味ということです。

なぜか?
春の入る、木の青い丸から、矢印が2本出てます。
一つは作り出す→
木が燃えるから火が起こります。
この関係を生み出す関係(母子関係)で、相生の関係といいます。

もう一つは、制御する→
木は土に根をはるので、木は土を制御します(いじめる)。
この関係を相克の関係といいます。

人間もそうですが?
ついつい、いじめやすい方へ行きがちです。
だから、なにもしないと、つい、春は木の肝臓が、土の脾臓(胃腸)をいじめます。

でも、いじめられる方を強くしたなら、そう簡単には、いじめに行けません。
強くするには、同じ丸の中にある味を食べたらいいのです。
土の味は甘味。
だから、積極的に甘味をとるといいのです。

すると、いじめに行けない木は
仕方なしに(笑)相生の火へ行くこととなります。
すると・・・火の丸の中にある、夏向きの体の準備が整うということです。

講座ではいつも伝えてますが、
春は春だけの季節ではありません。

冬からきて、夏へ向かう季節です。

今の、花粉症や、風邪、インフルエンザは、
冬の不養生が原因かもしれません。

そして、今、春の養生をちゃんとしておけば、
元気な夏を迎えることができます。

なので、春は自然の甘味を積極的に!
そして、酸味、苦味、辛味、鹹味(塩辛い味)は、バランスよくとってくださいね。
自然界はさすがです!
春野菜って甘いですよね?
ちゃんとその時期にふさわしいものを用意していてくれるんです。

ちなみに夏、秋、冬も同じことが言えますので、
夏になったら、辛味を
秋になったら、酸味を
冬になったら、苦みを
積極的にとってくださいね。

土用だけは、リセットするときなので、
甘味で大丈夫です。

「夏のショウガは病気をしない」と言われてますが、
夏は、辛味のショウガがおすすめということです。
(詳しくは、5月12日(日)の未病予防セミナー・今日からできる生活養生 夏編で~)

ブログランキングに参加してます。ポチット一押しお願いします。

にほんブログ村 健康ブログ 食育・食生活へ



スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

のりたま

Author:のりたま
国際中医師・国際中医薬膳師ののりたまです。

中学生で、母の味には手厳しい娘と、繊細で好き嫌いの多い小学生の息子をもつ母です。

なぜか、医療費がかさむ、我が家の財政改革するため、薬膳の勉強を始め、4年前に国際薬膳師となりました。

もっと、体質や症状に合わせた薬膳が作れるように・・・と2010年、国際中医師となりました。

2011年秋、国立北京中医薬大学日本校中医中薬専攻科を卒業し、もう一度、薬膳の勉強を・・・と、2012年より北京中医薬大の薬膳研究科で勉強しております。



「薬膳って、食材も手に入りにくそうだし、薬くさくて毎日の食事に取り入れにくそう」そういうイメージがありませんか??


いえいえ、冷蔵庫の中身で簡単にできちゃうんです!
食材のチカラをつかえば、インスタントでも大丈夫!


主婦の立場から、「労力も食費もかからず、元気になる」をモットーに、無理なく毎日続けられるごはんを考えてます。

コメントなどお気軽にどうぞ!!まだまだ修行中ののりたまですが、一緒に考えていきましょう。


アダルト系・宗教系のコメントは削除させていただきます。

掲載して頂いているサイト
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
好きなテーマを選んでください!
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
カレンダー
04 | 2019/05 | 06
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
ブログ内検索
リンク
のりたまへのメールはこちらから♪
ご意見・ご質問・コラムや仕事の依頼などありましたら、お気軽にどうぞ! まだまだ修行中ですが、一緒に考えさせてください。

名前:
メール:
件名:
本文: