FC2ブログ

于先生の中医養生塾で「どの講座をとったらいいか」迷っている人へ

『一番の名医は自分で、一番の妙薬は自分が持ってます』
未病予防は、毎日の食と生活から。
神奈川から未病予防を発信する、中医学・薬膳教室 おうち食医®主宰の、のりたまこと、萌木のり子です。
ブログへのご訪問ありがとうございます。

〈未病予防セミナー・今日からできる生活養生秋編〉
日時:2019年8月3日(土) 10~12時

場所:ユニコムプラザ さがみはら セミナールーム2 
(小田急線相模大野駅 徒歩3分)
相模原市南区相模大野3丁目3番2号 
bono相模大野サウスモール3階

講師:萌木のり子(国際中医師)

料金:(当日受付)
    一般 2500円 
    大学生以下 1000円

   (事前予約)
    一般 2000円
    大学生以下 1000円
    一般ペア割(大人2名様同時お申込み)3500円
    オンライン参加(1名) 2000円

詳細はこちらのページからどうぞ
IMG_9799.jpg


ブログランキングに参加してます。ポチット一押しお願いします。

にほんブログ村 健康ブログ 食育・食生活へ

先ほどの記事で、
于先生の中医養生塾の体験講座のことを書きましたが、
詳細はこちらから

私の個人的なおすすめ講座をご紹介します!

薬膳も中医学も勉強し始め、または初心者の方
大学や各種学校で学んだ方
すでに中医学&薬膳を教える仕事をしていらっしゃる方
中医基礎理論科・養生科のダブル受講がおすすめです!
基礎理論科で学んだことを、実際に毎日の生活に生かすには?
が学べます。

他のところで学んだ方も、知らないことばかりがお話に出てきます。
なんせ日本語で売り出されているテキストは今のところないですからね(笑)
改めて勉強できるので、とても力になります。

医師・看護師・薬剤師など医療従事者の方
上記の講座はもちろんのこと、
中薬&方剤科も楽しいです。
(こちらは2年目のクラスとなりますが、途中参加でも全然OKです)
また、診断学科も、西洋医学とは全く違った、
そして、西洋医学主体の日本の学校では学ぶことののなかったことを学べます。

鍼灸師・セラピストなど体を触るお仕事をされている方
中医基礎理論科・中医養生科ももちろんのこと、
診断学科もおすすめです。
また、外治科は経絡・ツボなどを学べます。
こちらは、中医養生事務局までお問い合わせください。

興味を持ってくださった方、
ちょっと聞いてみたいなと思った方は、
7月29日(月)に体験講座を開催いたします。
ぜひお越しください。

お申込み&お問い合わせは、
中医養生事務局まで
u.youjj@gmail.com

ブログランキングに参加してます。ポチット一押しお願いします。

にほんブログ村 健康ブログ 食育・食生活へ

スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

のりたま

Author:のりたま
国際中医師・国際中医薬膳師ののりたまです。

中学生で、母の味には手厳しい娘と、繊細で好き嫌いの多い小学生の息子をもつ母です。

なぜか、医療費がかさむ、我が家の財政改革するため、薬膳の勉強を始め、4年前に国際薬膳師となりました。

もっと、体質や症状に合わせた薬膳が作れるように・・・と2010年、国際中医師となりました。

2011年秋、国立北京中医薬大学日本校中医中薬専攻科を卒業し、もう一度、薬膳の勉強を・・・と、2012年より北京中医薬大の薬膳研究科で勉強しております。



「薬膳って、食材も手に入りにくそうだし、薬くさくて毎日の食事に取り入れにくそう」そういうイメージがありませんか??


いえいえ、冷蔵庫の中身で簡単にできちゃうんです!
食材のチカラをつかえば、インスタントでも大丈夫!


主婦の立場から、「労力も食費もかからず、元気になる」をモットーに、無理なく毎日続けられるごはんを考えてます。

コメントなどお気軽にどうぞ!!まだまだ修行中ののりたまですが、一緒に考えていきましょう。


アダルト系・宗教系のコメントは削除させていただきます。

掲載して頂いているサイト
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
好きなテーマを選んでください!
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
カレンダー
11 | 2019/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
ブログ内検索
リンク
のりたまへのメールはこちらから♪
ご意見・ご質問・コラムや仕事の依頼などありましたら、お気軽にどうぞ! まだまだ修行中ですが、一緒に考えさせてください。

名前:
メール:
件名:
本文: