髪はなが~い友達です。

乾燥の季節です。
髪のパサパサが気になりませんか?
・・・てなわけで、今週のテーマは「髪のお悩み解決!にします。



まず、髪のお悩みのパターン1で、パサパサ髪について・・・


髪の毛は、中医学では、の余り、「余(けつよ)」といわれてます。
ということは、が足りないと、髪に栄養が行き届かなくなってしまう訳です。


栄養が行き届かなくなった髪は、当然のことながら、細く・つやが無く・パサパサする

そして、抜け毛や白髪の原因にもなります。



例えば、こんな人は要注意!

1.授乳中のママ(おっぱいは、「」でできてますからね)
2.つわりのひどいママ(食べられないのだから、仕方ないです
3.ダイエットしすぎの人(バランスよく食べてますか?)
4.老化により、「」「」臓の働きが悪くなった人


ワタシ自身も、つわりでほとんどなにも食べられずに、したくないのに強制ダイエット状態でした。
その後、おっぱい大好き息子に「」を吸い取られていたので、その間は、髪がパサパサでした。

授乳期間が終わった時、美容師さんに、
「髪の状態が、ずいぶん良くなったけど、何かしたの?」と聞かれたほどです。

髪のプロがいうのだから、相当の違いがあったのでしょう


1.2のタイプの人は、時期がくれば解決することも多いでしょうが、
解決しにくいのは、4のタイプ。 よる年波にはなかなか勝てません

」臓は、何度もブログに出てきた、アンチエイジングに一番大切な臓器。
髪とも関わりは深く、髪を見れば、「」の状態が正常かどうかわかるといわれてます。
逆に、「」が弱れば、髪も元気じゃなくなる・・・といったことです。


」臓は、「」臓とつながりが深いといわれ、「」の貯蔵庫です。


これらの臓器は、年をとると動きが悪くなり、老化の原因となります。
年をとると、白髪や抜け毛がふえるのはそのせいです。

・・・ということは、「」と「」を補ってあげると、髪にもいいということです


1~4のどのタイプの人も、「」と「腎」を補い、「血」を補う食材をとるのがオススメ!

たとえば、クコの実(←またでた! 笑)
DSC02129.jpg

他にも、レーズンやナツメ、竜眼肉などのドライフルーツ。



それから、松の実くるみ
DSC02186.jpg

他にも、アーモンドなどのナッツ類。


その他、うこっけい・レバー・かき・しじみ・うずらの卵・白きくらげ・ブルーベリー・桑の実など



とくに、黒豆黒ゴマは、オススメ食材


それぞれ別にとってもいいけど、この2つを組みあわせると効果は大きい!

たとえば黒豆ごはん黒ゴマをかけて食べるとか。


難しいことをしなくても、食卓に「黒ゴマ」をおいておいて、なんにでもパラッとか、
黒豆茶」なんかもとりやすい。

DSC01235.jpg黒豆茶ペット


薬じゃないから、1日だけ食べたら効果があるってもんじゃない
なが~い友達のためだもの、なが~い目でみてあげましょう!(笑)

潤い食材が多いから、髪だけでなく、肌や便秘にも嬉しいし、
「腎」を補えば、アンチエイジングにもなる


無理せずに、続けやすい方法で、ぜひ!












ブログランキングに参加してます。ポチット一押しお願いします。 にほんブログ村 健康ブログ 食育・食生活へ
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

すごいね~!

おはようさん♪
本当に「クコの実」って万能選手(?)なんだね~。
全く未知の世界なので、毎回「ホウホウ!」っとうなっております(^^)
取り入れられる所から実践してみますわ(^^)v

ぷみさん
でしょ? 薬膳って、1つの食材がいろいろなチカラを持ってて、それを組み合わせていくんです。
ちなみに、クコの実は目にもいいから、ゲームした後の子どもにもぜひ!v-392
家の娘は、サプリがわりに、そのまま水で飲んじゃってます(笑)

アドバイスいただいたのコレですよね!?
お気遣いいただいてありがとうございました。シリアルはよく食べる方ですし、たまたまクコの実とクルミとレーズンがあったので
さっそく実践しましたよ~^^。
最近白髪も気になってきたところだったので
髪にもいいんですね!
しばらく続けていこうと思います。

のりたまさんが進めてくれる食材って
身近で使いやすいものがたくさんあるから
とーってもやりやすくて、感謝です!
クコも黒豆も黒胡麻も、みんな大好きなもの。
それが、アンチエイジングにいいなんて最高です♪

happymaniaxさん
忙しいのに、コメントありがとうございますv-436
いえいえ、実は、「忙しい人はこんなごはんを・・・」と別の記事で紹介しようと思ってたのですが、そんな時に限って、シリアルを子どもたちに食べたれていて、撮影ができなかったのですv-393
髪の記事を書いていたら、たまたま同じ食材がでてきてしまいましたv-411
でも、つまり、ナッツやドライフルーツは、たくさんのチカラをもっているというスグレモノ!ってことですよねv-392

近々、シリアルの記事をアップするかもしれませんが(購入したら 笑)、懲りずにみてくださいねv-356v-356


comichiko さん
そういっていただけると、ありがたいですv-436
「薬膳」っていうと、手に入りにくい食材や生薬が多いのかな?と印象を持っている方がまだまだいるので、「こんなに身近でいいんだ~」と思ってもらいたいというのが、このブロブの目的の1つでもあるのでv-398

後でまた記事にしますが、クコや黒ゴマ、黒豆は冬の食養生にいいものばかりですv-392
いまから、よくとっておけば、次の季節もばっちりですねv-218


のりたまちゃん、こんばんは。

うほぉ、乗り遅れてたね(^^)
今日は髪の毛のアンチエイジングだね。

今日の記事もとっても読みやすかったな。
松の実やクコ、は食べ過ぎてはいけないって聞いた事があるんだけど、そうでもないのかしら。
クコは食べやすいからいつも持っていようかな。


のりたまちゃん、近々文中リンクさせて貰ってもいい?
こんな素晴らしい記事、みんなにも見てもらいたいな。
でもわたしのブログからのりたまちゃんの所へ来てくれるかが心配だけど。。。

fuwari funwari さん
コメントありがとうございます!
銀杏や杏仁はちょっと毒があるから、食べ過ぎに注意ですが(基本的には食べ物なんで、あくまで食べ過ぎに・・・なんですが・・・)、クコの実や松の実は毒があるとは、ワタシの手元のいくつかの資料の中にはないので、大丈夫と思いますよv-392

ただ、中医学的にはO.K.ですが、食に関してはいろいろな考え方があるので、なにごとも「過ぎたるは及ばざるがごとし!」ですねv-392


それと、文中リンクの件も、とっても嬉しいですv-290
ただ、fuwari funwari さんとこに遊びにいらっしゃる、お料理上手の方々には、お恥ずかしいほどのレシピですが・・・v-411v-356

クコや黒ゴマ、黒豆のこれからの記事も楽しみです!
昨日は中華スープにクコを入れて
アンチエイジング。
みかんの皮の魔法も、お待ちしてま~す♪

のりたまちゃん、こんばんは。
何を言ってるんですか。
のりたまちゃんのブログは素晴らしいよ。
自信を持ってくださいね。
薬膳指導員の資格も持って、こんなに素晴らしいブログを展開している人は他にいないですからね。
ただ、わたしに人気が無いのが心配なんです。
あたって砕けろだね(笑)
では記事が書けたらその時は宜しくお願い致します。

comichikoさん
中華スープにクコの実ですか~?彩りもキレイで、美味しそう!v-10
冬の食養生も、みかんの皮のことも記事にしようと思いつつ、体調を悪くしてまして・・・v-393
から咳が、ワタシと娘がとまりませんv-356
ちゃんと食養生しないと!ですね(苦笑)


fuwari funwari さん
またまた~、そんなに褒められると、調子にのって、木に登っちゃいますよぉv-16
でも、誰が見に来てくれても、分かりやすい記事がかけるよう、勉強していきます!v-392
よろしくお願いしますv-436

ご無沙汰で~す。

たしかに、遠い記憶に出産、授乳中の頃、抜け毛が多かったような…。

髪は女の命です。
髪のためにも、体のためにも、腎と肝を補わなくちゃ…ですね。
黒豆茶、前に飲んで、とっても香ばしくておいしかった。
また、始めようかな。(*^∇^*) 

黒ゴマ、このところ食べていないと気が付きました。冷凍庫にたくさんあるので、使ってみます!

ful-ful さん
コメント、ありがとうございましたv-290
「腎」にいいものって、アンチエイジングにもなりますが、若い人には、体を丈夫にしてくれる元気の素になりますv-218
お家を離れる、息子さん、娘さんも、黒豆茶ならとりやすいと思います。
ぜひ、すすめてあげてくださいねv-392
中医学では、季節によってとったほうがよいお茶がかわりますが、これからの時期、ぜひ黒豆茶を!v-392



min さん
ワタシも薬膳を始める前までは、白ゴマが主だったのですが、最近は黒ゴマを使うようにしています。
黒の方がよりいいらしいですよv-392
これからの時期に「黒ごま」は積極的に使ってみてくださいねv-290
プロフィール

のりたま

Author:のりたま
国際中医師・国際中医薬膳師ののりたまです。

中学生で、母の味には手厳しい娘と、繊細で好き嫌いの多い小学生の息子をもつ母です。

なぜか、医療費がかさむ、我が家の財政改革するため、薬膳の勉強を始め、4年前に国際薬膳師となりました。

もっと、体質や症状に合わせた薬膳が作れるように・・・と2010年、国際中医師となりました。

2011年秋、国立北京中医薬大学日本校中医中薬専攻科を卒業し、もう一度、薬膳の勉強を・・・と、2012年より北京中医薬大の薬膳研究科で勉強しております。



「薬膳って、食材も手に入りにくそうだし、薬くさくて毎日の食事に取り入れにくそう」そういうイメージがありませんか??


いえいえ、冷蔵庫の中身で簡単にできちゃうんです!
食材のチカラをつかえば、インスタントでも大丈夫!


主婦の立場から、「労力も食費もかからず、元気になる」をモットーに、無理なく毎日続けられるごはんを考えてます。

コメントなどお気軽にどうぞ!!まだまだ修行中ののりたまですが、一緒に考えていきましょう。


アダルト系・宗教系のコメントは削除させていただきます。

掲載して頂いているサイト
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
好きなテーマを選んでください!
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
ブログ内検索
リンク
のりたまへのメールはこちらから♪
ご意見・ご質問・コラムや仕事の依頼などありましたら、お気軽にどうぞ! まだまだ修行中ですが、一緒に考えさせてください。

名前:
メール:
件名:
本文: