日向薬師で素敵な再会

なんだか、から咳が続くのりたまです

食養生は、一応、気をつけてるから、あとは、休養をしなくては・・・と、
なかなか更新できずにいました



さてさて、昨日あった「素敵な再会」について書きたいと思います。


昨日、ワタシは、神奈川県の伊勢原市にある
「日向薬師」にお参りに行ってきました。


薬師は、言わずと知れた、薬の仏様

日向薬師は、日本三大薬師の1つと言われ(他は、土佐の柴折薬師・越後の米山薬師)、
本尊は、行基作の薬師如来像。
宝物殿には、平安~鎌倉時代の仏像が二十数体あり、神奈川県下随一の仏像の宝庫と言われてます。


・・・ふふふ、ワタシ、詳しいでしょ?

それも、そのはず、中学3年の時に、夏休みの自由研究で、「日向薬師」のことを調べ、
なんと、平塚市長さんから賞をもらったのです


なぜ、賞をもらえるほどすばらしい?研究になったかと言うと、
日向薬師のご住職さまのお陰なのです。


中3の夏、「日向薬師」の境内をうろうろするワタシに、ご住職さまは、
「どうしたの?」と声をかけてくれました。
大人と一緒でない中学生が、うろうろするなんて、珍しかったんでしょうね。

「夏休みの自由研究です」と言うワタシを、
ご住職さまは、本堂と宝物殿に招き入れてくれ、1つ1つ仏像のことを親切に教えてくれたのです。(宝物殿の拝観料もとってくれなかった)



薬師如来は、日光菩薩と月光菩薩とセットになっているのですが、
如来さまは、菩薩さまより格が上で、菩薩さまは、如来さまになれるように、修行をしている身。
とか、
薬師如来は、手に薬瓶を持っているとか、
中3のワタシでも十分、興味を持てるようなお話をたくさん。


今でこそ、インターネットで調べれば、何でも分かる時代ですが、
20ン年前は、そんなご住職さまのお話がどんなに役にたったことか・・・



・・・そして、先日の国際薬膳師の試験の前に、

「やはり、薬関係は『日向薬師』だろう!」
と、願をかけに行ったのです。

そう思うのは、ワタシだけではないようで、
絵馬には、「病気がよくなりますように・・・」というお願いの他に、
「医大合格しますように」とか「薬剤師の試験にうかりますように」とかありました。
もちろん、ワタシもぶら下げてきました


その時に、
「写経、できます」という貼り紙を発見!
その場にいた、若いお坊さんに、聞いてみると、
「家で写経をしてきて、2千円納めてもらえたら、屋根の修繕費にあてます」と。

実は、ワタシは気持ちが落ち着くから、書道が大好き!
試験が終わったら、荒れた気持ちを落ち着けるために写経をしよう!
それに、昔のお礼もあるし・・・と、紙をいただいて帰りました。


・・・そして、昨日、写経を納めに行ったのです。
まだ、試験の結果は出てないけど、とりあえずは、無事、試験が終わったことを感謝し・・・と。


でも、受付のところに誰もいない!
「すみませ~ん」と声をかけても誰もでてこない!!

出直すようかしら・・・・と、ご住職さんのお家の前をとおりかかると、
中から、私服のおじいちゃんが

まさか、ご住職さんではないよな?と思いつつ、
「こちらの方ですか?」と声をかけると、
「そうです」と。
「写経を持ってきたのですが・・・」というと、なんと、

「本堂に入って、自分で納めなさい」と。本堂の中へあげてくれたのです。
「いいんですか?」と言うワタシに、


「よく書いてきましたね。あなたの大切な時間をつかって思いをこめたのだから、
自分で、仏様にあげてきなさい」と。


「お経の読み方は分かる?納め方を教えてあげるから・・・」と、1つ1つ丁寧に教えてくれました。

若いお坊さんから、2千円と聞いていたのに、お金のこともなにもおっしゃらない。
このままでは・・・と思い、
「ほんの気持ちだけですが、お金を納めたいのですが・・・」というと、
「では、仏様のところに、あげてきなさい」と。



その場にいたのが、若いお坊さんだったら、きっとここまで教えてくれなかったと思う。
だって、どこでもそうだもの・・・有名な大きいお寺は。



でも、そのご住職は、なにより、写経をしたかったという、ワタシの思いを大事にしてくれた。
県下随一の仏像の宝庫の「日向薬師」のご住職が、こんなちっぽけな1人の思いを大事にしてくれた。



その時、思い出した!
すっかり、おじいちゃんになってしまったけれど、
このご住職は、20ン年前のあのご住職だ・・・と。

正直、ワタシは、顔は忘れてしまっていたけど、この教え方、
それは、あのご住職に間違いないと。



中3のワタシは、仏像のことをいろいろ教わったけど、アラフォーのワタシも大切なことを教わった。
ワタシもご住職のような人になれるように努力しよう。
「おだやかで、おごらず、他人の思いを大切にできる人」


「また、写経を持ってきなさい」とおっしゃっていたから、また行こう

また、試験を受ける時、薬膳の世界で道に迷った時、
それから、あの頃のワタシの年に近くなる、娘の自由研究に(笑)

だから、いつまでもお元気でいてくださいね。


みなさんも、近くにいかれることがあったら、ぜひ行ってみてください。
仏像もすばらしいですが、同じくらいすばらしい、ご住職にお会いできるかもしれませんよ


今回は、「くすいむんごはん」じゃないけど、
のりたまの心の「くすいむんごはん」の話でした。

 

 

ブログランキングに参加してます。ポチット一押しお願いします!





にほんブログ村 健康ブログ 食育・食生活へ


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

懐かしいわ~日向薬師。
私も小さいころから数え切れない位行ってます!でも成人してから十うん年、足を運んだ記憶がありませんね~。
行きたくなりました。

実は写経には私も以前から興味がありまして。ぜひ筆をとってみたくなりました。
近いうちに 両方共ぜひ!だわ。
ありがとうございます。

わぁ、20ン年前のご住職さま、お元気だったんだ!
素敵な再会ですね。
「おだやかで、おごらず、他人の思いを大切にできる人」
私もほんっとに目指したいです。
道は遠いなー、これがまた。

setsukoさん
バザー、お疲れ様v-290
setsukoさんのご実家からだと、小学校の遠足でも行ったのではないですか?
大人になっていくのもいいものですv-392
写経、心が落ち着きます。
いつも忙しくしているsetsukoさんだからこそ、ぜひ、オススメしたいわ~v-392



comichikoさん
ほんとに、お元気でいてくれたことが、なにより嬉しかったことですv-290
ワタシの語彙のなさで、表現しきれませんが、ご住職とお話すると、なんともいえない、大きなものにつつまれているような安心感みたいなものがありますv-290
ここまでは、とうてい無理(笑)ですが、近づきたいと思うことが大事かと・・ワタシもかなり、道のり長いです・・・v-411v-356

のりたまちゃん、こんばんは。
一度来て、又来たよ(^^)

そっか、そんな素敵な経験をしているんだね。
ある意味仏様がのりたまちゃんを導いてくれた様な気もするね。

だってそうそう偶然はないよね。
必然だったのかもしれない。
のりたまちゃん、これからも今まで通りの真面目な生き方で頑張って欲しいな。
きっと大きなチャンスがやってくるような気がします。
勿論仏様のお導きで。。。

fuwari funwari さん
コメントありがとうございます!
ホントに素敵な偶然で、20年後にご住職さんがお元気でいてくれただけでも、奇跡?なのに、またいろいろ教えていただけるなんて・・・きっと薬の仏様が「渇」を入れてくれてるんでしょうねv-411
「精進して、勉学にはげめよ!」ってねv-392



masaさん
ほめすぎですよ~v-411
ワタシの語彙が足りないのですが、ご住職はほんとうに大きくつつみこんでくれる、あたたかさがあります。
ワタシもいつか、ご住職のように、誰かを助けたり、癒したりしたい・・・大きな目標ですv-398
きっと、縁のある場所なんでしょうね「日向薬師」v-392

こんばんは♪

とてもステキな再会ですね。きっと住職さんに導いてくれたのかも?
伊勢原にあるとは知りませんでした。
是非一度行ってみたいです^^

写経を初めてしたとき、何か心が清らかになった気がしました。

rantantanさん
コメント、ありがとうございましたv-290
どうも、ご住職は、ワタシの運命の人だったのでしょうか?(笑)
考えてみると、ワタシのキーマンはいつも「おじいちゃん」(爆)
ワタシを薬膳の世界へ導いてくれたのも、薬膳師の試験を受けるよう薦めてくれたのも、「おじいちゃん」。やはり、お年よりは大切にしないと!v-411
写経、いいですよねv-392
ワタシも、日ごろのバタバタとは違い、心が穏やかになりました。
残念ながら、日向薬師には、写経できる場所はないので、自宅で書いておさめるようですが・・・。
ぜひ、お近くにお出かけの際は行ってみてくださいねv-392

はじめまして。
ネット散歩していてこちらにたどり着きました。
いい出会いと再開をなさったお話を読めて、ほっこりした気持ちになりました。
薬膳は私も興味があって、ちょこちょこと読んだり作ったりしています。
のりたまさまの記事、参考になります。
また遊びに来させていただきますね。

silky-wind さん
いらっしゃいませ!はじめましてv-290
コメント、ありがとうございました。
ワタシにとっての大事な思い出、そんな風に感じていただけて、とても嬉しいですv-398

薬膳って、難しくとらえてる方が多いと思うのですが、(実際、歴史も長いので難しいこともあり、ワタシもまだまだ勉強の途中ですがv-356)、「こんな簡単な日常の食材でも、薬膳になっちゃうんだよ~」という風に思っていただけたら嬉しいです。

自然に基づく薬膳、季節ごとの食材も提供してますので、また遊びにきていただけたら、嬉しいですv-392
プロフィール

のりたま

Author:のりたま
国際中医師・国際中医薬膳師ののりたまです。

中学生で、母の味には手厳しい娘と、繊細で好き嫌いの多い小学生の息子をもつ母です。

なぜか、医療費がかさむ、我が家の財政改革するため、薬膳の勉強を始め、4年前に国際薬膳師となりました。

もっと、体質や症状に合わせた薬膳が作れるように・・・と2010年、国際中医師となりました。

2011年秋、国立北京中医薬大学日本校中医中薬専攻科を卒業し、もう一度、薬膳の勉強を・・・と、2012年より北京中医薬大の薬膳研究科で勉強しております。



「薬膳って、食材も手に入りにくそうだし、薬くさくて毎日の食事に取り入れにくそう」そういうイメージがありませんか??


いえいえ、冷蔵庫の中身で簡単にできちゃうんです!
食材のチカラをつかえば、インスタントでも大丈夫!


主婦の立場から、「労力も食費もかからず、元気になる」をモットーに、無理なく毎日続けられるごはんを考えてます。

コメントなどお気軽にどうぞ!!まだまだ修行中ののりたまですが、一緒に考えていきましょう。


アダルト系・宗教系のコメントは削除させていただきます。

掲載して頂いているサイト
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
好きなテーマを選んでください!
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
ブログ内検索
リンク
のりたまへのメールはこちらから♪
ご意見・ご質問・コラムや仕事の依頼などありましたら、お気軽にどうぞ! まだまだ修行中ですが、一緒に考えさせてください。

名前:
メール:
件名:
本文: